悲鳴は出ません

南阿佐ヶ谷の、どっちかというと中華料理屋、
「オトノハ」の料理がすごくおいしい。

それに器もたいそう素敵にかわいくて
小皿が出て来たときは、あんまりかわいくて
娘と一緒にあやうく悲鳴をあげそうになった。

いや、悲鳴なんて出ませんけどね。今更。

というか、若い頃から悲鳴は出ない。

「悲鳴」というジャンルが、私の声にはない。
そりゃわざとらしく「きゃあ」と言うことはあっても、低い。
正式の、思わず出る甲高い声は、ない。

今思い出したけど、学生時代、合唱団の合宿で
どこだっけ? なんか湖のあるところ。
覚えてないけどそんなようなところに行った。
合宿所に向かう途中、しょぼい遊園地があって
観覧車の玩具みたいな、冗談でお父さんが作ったような
ちゃっちい乗り物があった。
そこでは一番デンジャラスな感じの。

大学生が団体でこういうところに行くときは
遊園地の乗り物得意! という人は乗せてもらえない。
怖がって、絶対いや! と泣きそうな女子や
いかにも腰を抜かしそうな大人しい男子が
乗ることになるのだ。

おそらく私はただ1年女子というだけで
乗れ乗れと言われ「いやです」と固辞したが
腕を掴まれて、面白がっていた先輩もろとも乗り込んだ。

それは二人乗りのカプセルのようなものが
いくつかつながっていて、それぞれが前転しながら前に回転するような
しかけだったと思う。

それにしてはベルトなどなく、腕で自分の体重を支えるしかない
そんな原始的なものだったと思う。

しょっぱなから私は自分の細腕で体を支えることができず
動き始めてすぐに床に転がったのだと思う。
そして「うっ」と小さく唸ったまま無言。
ずっと無言。

一緒に乗った先輩も驚いて無言だった。
え、え、大丈夫?

下界ではやし立てていた先輩たちは
いきなり私の姿は見えなくなるし
悲鳴どころか声も聞こえず、
一体どうしたのかと、その回転が終わるまで
見守っていた。

そう、こういうのは「きゃー」と聞こえれば
観客は喜び、ひきつった顔を披露しては
拍手して、涙など流しながら出てくれば
大喜びなのだ。

いきなり腰を抜かし、無言、というのは
どんなに白けさせたことだろう。
同行の先輩もしきりに謝っていた。

そういえば、結構上品な大人しい大学のサークル
と思っていたけど、時代相応に荒々しく
いろんな目に遭ったなあ。
男子風呂に落とされたり、布団で巻かれたり
うつぶせにされて両手足を4人がつかみ、
バタバタと天井と床を往復するのを「モスラ」と言った。
なんかそういういじられキャラの男子がやられるようなことを
全て通過した気がする。
なんで?
悲鳴あげないから?

KC4D0002.jpg

あ、全然違う話になった。
で、上はえーと、その、かわいくて悲鳴をあげたかったけど
悲鳴は出なかった清水直子さんの器。

オトノハ10周年記念の朝市で、ゲットしたのだった。
いいでしょ。

売る、買う、買わない。


今を遡ること・・・どのくらい?
調子が狂うゴールデンウイークのことでした。

毎年、古書を出させてもらっている
ウレシカのフリーマーケットが
近年雑貨も可、となり
去年は「訳ありのものなど」の文言に惹かれ
わけありかぁ・・・と家の中をひっくり返して
結果、統一感のない妙なものばかりを出した。
結果は思わしくなかったので、
今年は従来のように本のみにした。

ウレシカのお客さんだから
センスいいしなあ・・・。
このあたりは貴重な本だと知ってるお客さんが来るからなあ・・・。
と、想像しながら選ぶのは楽しい。
そして覗きに行くのもまた楽しからずや。
あっと驚く作家さんたちが、自分の持って来た物の前にいる。

しかし、不用品を売りに出して、人の不用品を買って帰っては
本末転倒なのではないかと思いつつ、
心を鬼にして・・・フリマ商品ではない本を買った
その中に、

170511_0701~01

この本。
そうなのだよ。
よく考えずにやたらと買っている洋服は
本当に必要なのか!

なんて強い調子ではなく、
おずおずと控え目に、
私はこう思ったのよねーという
ふわっとした感じで、かわいいイラストとともに
描かれている。

170511_0702~01

そう、猫というやつは、
こういうものを見つけると
電光石火のごとく、乗る。
そして、ちょっと得意そうな顔で
しらばっくれているのだよね。

ブックハウスカフェ


先日、惜しまれつつも閉店した
児童書専門店ブックハウス神保町が
ブックハウスカフェとして再デビューした。
お茶もお酒も飲める児童書専門店。
夜は11時までやっている。
酔っぱらったお父さんが、酔った勢いで
絵本をばんばん買ってくれるといいなあ。

170505_1926~01

5月5日のオープニングに行って参りました。
今まで何度かイベントでお世話になったけれど
今度のイベントでは、この階段を宝塚のように
羽をハタハタさせて舞い降りて来ようか、とか
階段を使って、クリストファーロビンとか
メアリーポピンズとか、一発芸から入って
その物語のひとり芝居に突入するのはどうか
とか夢が膨らむが、
あまり膨らませほしくないかもしれないな。

実は、児童書界の女性セブンとして
裏話(やばいやつ)をこっそり話す会を是非
と言われている。

これだって、どうかと思う。

まあ、そんな感じで自由に楽しくやっていきましょう
というお店なのである。よね?

これからもよろしくお願いします。

詳しくはここ→

びしょびしょのホットケーキ

テレビで、筍を掘る映像を
たびたび見ていた筍の旬の頃。

根元にガツ!! と鍬を入れるイメージで
見上げた。

170429_1203~01

歯茎をガツ!!
いや~~~~~!

春に浮かれてあちこち出掛けては、
花粉症のない日々を楽しんだものだ
という過去を見つめる日記。

阿佐ヶ谷で名物の小倉ホットケーキを
食べに行った。

あんこは絵で表現するのも
写真で見せるのも難しい。

170430_1034~01

正直な感想を言えば・・・
別々に食べた方がよかんべな。

ここは和菓子屋なので、焼きたてどら焼き?
と思ったのだけど、
ホットケーキミックスを混ぜたような味。
そして豪勢にかけられたその小倉餡が
素晴らしくおいしいのだけど
やはりこのサラサラな小倉餡は
ホットケーキとは別々に食べたいなあ。







ひよっこ


170428_1022~01

今公開中の映画『笑う招き猫』、小説は読んだが
ドラマは一度だけさらっと見た程度。
ドラマでも映画でも主題歌を
Mrs. GREEN APPLEが歌っている。
「スマイロブドリーマ」と「どこかで日は昇る」。

そして来週公開の映画『ポエトリーエンジェル』でも
彼らが主題歌を担当。

NHKの夕方の番組でも主題歌になっていて
この間は出演していたそうで、
デビューしたとき「この子たち、よろしくね」などと
宣伝したものだから
「今、テレビに出てるよ」とか「録画見てたら出てた」
などと連絡が来る。

テレビと言えば、朝ドラ「ひよっこ」はともかく、
昼ドラ「やすらぎの郷」は、何かとツッコミどころが多くて
友人とメールでツッコんではすっきりしている。

「ひよっこ」は安心して楽しみに見ていられる。
朝ドラというのは、何も朝から主人公がいじめられたり、
窮地に陥ってひやひやしたり、
スイッチを消して、しばしどよ~んとした気分にならなくてもいいのだ。

そんなふうにして翌日の視聴率を稼がなくても、
朝はさわやかに楽しくてああよかったなあと思って
よし! 今日はビーコロ作るか! とか
そうだ、オーソドックスなカレーライスにするか、とか
コッペパンにバタークリームと、チェリーと缶詰蜜柑を
挟んで食べたいなあ・・・
と、食べる物ばかりだけど、
明るい気分になる方がいいじゃないか、と思う。

何かあれば、それで落ち込む1回分があり
さあどうなるのかとひっぱる作りの15分より、
何かあっても友達がいて、一緒に心配したり助けてくれたりして
その15分の間に、勿体ぶらずにいい方向に向かう。
登場のときから「意地悪な人」というのがいなくても
ドラマは成立するのだなあと思う。

前回の朝ドラがあまりにもひどくて
朝ドラ離れが引き起こした低視聴率なのかもしれないが
いい作品はきっといつまでも心に残るだろうし
だいたい視聴率なんてどうでもいいじゃないか。

と、久々に更新したのがテレビの話。


プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム