高い葡萄とチリ絵本

170818_1519~01

あの、ひときわぐいぐい天に向かって伸びているのは
なんだろう? と思いながら歩いていると、

KC4koehde72bvv09.jpg

力強く塀に絡まっている蔓植物があり、
こんなに大きな葡萄の房。

KC4D0dhsbb20fj52.jpg

なにこれ。1房で1200円ぐらいの葡萄?
なにげにわさわさ生っているんですけど。
でも無理。あんなに高い所では。ううむ。

チリ発の絵本『いっぽんのせんとマヌエル』(8月下旬発売予定)

350_Ehon_115981[1]

の刊行を記念して、
著者マリア・ホセ・フェラーダさんと、画家パトリシオ・メナさんが来日するらしい。

イベントはこちら



筋肉かるた


紀伊国屋書店に行き、
目的地に着く前にひっかかってしまったのは
大好きな筋肉コーナーだ。
いや、そんなコーナーはないんだけど
骨や筋グッズフェアに吸い寄せられてしまい
(そんなフェアじゃなかったかもしれない)
筋肉シャツやレントゲンシャツなどは薄笑いを浮かべて眺めるだけだったが
キーホルダーは脊柱骨盤を選んで手に取り、
胸椎でわざと曲げたデザインが気に入らず買わなかった。
でもこの下敷きは買ってしまった。

170822_1435~01

170822_1435~02

特にこの人のポーズがいい。
このポーズに筋肉の名称を添付してほしい。

170822_1436~01

そして迷わず買ったのは筋肉かるた。

170822_1437~01

ゴロの悪い読み札と、CGイラストのバランスの悪さが良い。

紀伊国屋書店ではエッセイ集『レモンパイはメレンゲのかたなへ』が
1冊ありました。
2,3冊なら、1冊買っても良かったが
1冊だと、追加注文はしないだろうなと判断し
買いませんでした。

なんか、売れるためには、こういう大型書店で著者が
棚買いするらしいのよ。
そしてランキングを写真に撮ってsnsで拡散するんだって。

確かにAmazonとかで売れてるベスト10や
売上上昇ナンバー1なんかを見ると
全く知らない本、聞いたことない版元、ということがあるもんなあ。

は~、やれやれと思いながら、1階でほうじ茶ソフトクリームを買い
2階の座るまで本当に危ないスツールに腰かけて食べました。

ツイッターで「筋肉かるた、やりませんか?」の呼びかけに
けっこうな人が反応してくれたので、いつか筋肉フェスをやりたい。


もう、おやつはやめたのですか?

もう、おやつを載せるのはやめたのですか?

と聞かれる。
やめたのです。

でも、まあ、たまにはいいじゃないですか。
西荻編です。

170731_1534~01

紅茶のお店、グレースでチョコレートケーキ。
前日、トップスのチョコケーキなら1本食えるぞ
という人と、トップスなら行けそうだのなんだのと
メールを交わしていたら、まんまと食べたくなってしまった。
ふわふわの軽いチョコケーキ。

170731_1535~01

大変おいしゅうございました。

そしてまた別の日には、同じく西荻窪の
紅茶とこけしのお店イトチで

170812_1721~02

レモンパイと

170812_1721~01

スコーン。
ごつごつして、ボロボロになる
クロテッドクリームで食べるタイプではなく
しっとりやわらかいスコーン。

みやげ玉

170805_1326~01

長岡の花火大会土産

170805_1329~01

紙を級にするのは大変だろうなあ。
考えてみたら、ここに火薬を入れて火をつける
というのは、どんなに危険な仕事だろう!

170805_1333~01

中身は金平糖? と思ったが、米のお菓子と言い張っている。
確かに糖だけではなく、中心に米を感じるけれど
まあ、ざっくり言って、金平糖だ。

平日は出張で家にいない娘、
休日はどうしているかといえば、
気分転換に旅行に出かけたりしている。
よくわからないが、全然違うらしい。

下のキャラメルもそのお土産。

170717_1915~01

信玄餅シリーズはいろいろ出ているが
アイスクリーム以外は
あー、ほんとだ、きなこと黒蜜の味だ・・・
で、終わる。
これも中を開けて、包み紙を見たとき
なんだ、と思った。
ちょっとした驚きや、これに込める制作者の愛を求めてしまう。

170722_1210~01

アイスも今、結構いろいろな所で販売されていて
かつての感動はない。
うちの前でも売ってるもんなあ。

セブンイレブンのアイスマカロンは依然として見つからず
ものすごく気になっている。

カワウソと五臓六腑


二ホンカワウソが話題になっているが

170808_1820~01

この本を読んでいたら、五臓六腑について
カワウソを何匹も解剖して確かめた
なんてくだりが出てきて、
昔日本にはそんなにカワウソがいて
カワウソがいた川あたりには
河童がいた話が多いらしい
なんてことを思い出した。

人体を解剖するなんてことに
考えも及ばない時代の内臓の図が好きで
ときどき眺める。

内臓よりは骨、骨よりは筋肉が好きで(なんの話?)
今日はついうっかり筋肉かるたと
筋肉まるわかりシートを買ってしまったのだが
それはまた今度。

170808_1804~01
プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム