フランス人間国宝展

dstsvc.jpg

寒い。猫入り。

雨の中、上野のトーハクへ。東京国立博物館。
フランス人間国宝展。
フランス人、間国の宝ではなく、
フランス人間 国宝でもなく、
フランス人間国 という国があるのでもなく
フランスの、人間国宝なのであった。
そりゃそうか。

KC4assdf17.jpg

大抵、鶯谷から行くのだが、その前に
ひとつ手前の駅で降りた。

羽二重だんごの、本店は今改装中だけど、
駅前にお店があると知り、
おだんご2本とお茶でおやつ。
全てその日中に食べなくちゃならないお土産の中で
唯一これだけは明後日までオッケーだったので
最中を買ってみた。

KC4Ddsfsse9.jpg

さて、鶯谷から上野方向に行くと、静かなこんな道なのだけど

KC4Dhdhfd13.jpg

たぶん公園を追われた人々のものであろう。
歩道がこんな感じになっていた。
中に人の気配もあったり。
行政はこうして家のない人々の居場所をつぶしていっても、
もともとの対策を何もしないから
場所を移動するしかないのだ。

KC4nnvbbc009.jpg

hhfhff.jpg

結構な雨の中、運慶の方は随分混雑しているようだが
こっちはさぞガラガラだろう・・・と思いきや、
フランス人の学生たちが、どっと来ていた。
たまたまそんな日、そんな時間だったのね。
レポートを書かねばならないと見え、
暗い顔で、解説を必死に書きうつしたリしていた。

帰りは上野に出た。
今、上野はパンダ一色だ。

dswfd.jpg

KC4D2edfl9g38.jpg

駅構内で買い物をしているうちに、Suicaがパスケースごとなくなっていることに気づいた。
まあ、しょうがないか、と諦めつつも、最後に買った本屋に行くと
もう何も言わぬうちに「ああ、谷中改札に持って行きました」と親切な店員さん。
Suicaで買い物したので、ぴっとしたまま置いて行ったのか? 私よ。

改札に向かい、そうか、私はもう改札の中にいたのかと気づく。
駅中でご飯食べたりなんだかんだと過ごせるので、どこにいるのかわからなくなる。

パスケースは届いたが、一応その特徴を述べよと言うので
「空色のパスケースで、中に千円札が入っています」
と回答し、無事戻ったが、それを受け取ってみると
そんなことより、どーんと大きな黄色い護国寺のお守りがついているし、
匂い袋も入っているではないか!
そっちが特徴といえば特徴だ。
いざというときの千円札ってもう入れてないんだっけ?
と見ると、本当に小さく折りたたんだものが入っていた。 


この本読んで!

KC4gggggh6.jpg

この時期の雲は面白い。

KC4D0088.jpg

『この本読んで!』2017秋号
個展芸能&文学の絵本という特集に
たくさん紹介していただいた。
ありがとうございました。

KC4D0089.jpg

「狂言」として
『うつぼざる』『せつぶん』『そらうで』。

『うつぼざる』の西村繁男さん、神奈川文化賞受賞おめでとうございます。
絵本作家として文化の振興に貢献、だそうです。

KC4D0090.jpg

で、次は「高齢者向け」として古典絵本を取り入れた
おはなし会プログラムに『ぶす』。

KC4D0043.jpg

不定期連載で「見返し美人」に

KC4D0044.jpg

またまた『そらうで』。

そうなると、狂言えほんシリーズで、ここに入っていないのは
『しどうほうがく』と『くさびら』だろうか?

350_ehon15384-1[1]

350_ehon15134[1]

そういえば最近、狂言を観に行ってないなあ。

キチム

吉祥寺キチムで「加藤休ミ・クレヨン画展 Allora,buon viaggio!」をやっていたので
行ったのでした。
あの階段を降りていくと、1階にあったトムズボックスやカレルチャペックを思い出し、
もっと遡れば、kuukuuのざわめきと高山なおみさんのおいしい料理を思い出す。

窓辺にミロコマチコさんがいた。
声をかけると、休ミちゃんがもうすぐ来るのとこと。
はたして、相撲のイベントで若干ハイになった休ミちゃんが登場。

作品について説明を求めると、どんどん教えてくれるのだが
「ああ、こんなふうに説明しちゃうとなあ」とぶつぶつ言っている。
謎めいた作品として展示しておきたいのだろうが
そうはいかないぞ。

もう加藤休ミ個展は終了して、
現在は南くうくう展をやっているはずだ。
行かなくちゃ。

ビールを飲んでいるミロコさんと休ミちゃんに別れを告げて
なんとなく「まめ蔵」に行く。
早い時間なのにすごく並んでいたが、
最近気が長くなったせいか、並ぶのはへっちゃらだ。

KC4Dqqqqq9.jpg

まめ豆カレーのセットを食べた。
飲み物・サラダ・カレー・飲み物。

KC4Dgfd4540.jpg

ハロウィンも近いので、吉祥寺アトレのローズベーカリーの
キャロットケーキはハロウィン仕様。
口が開いていると怖い。
怖い顔の条件は眉毛がないことかな。

KCufdggb039.jpg

ピンポイントギャラリーとビリケンギャラリー

先週の土曜日、友人の墓参の後、
ピンポイントギャラリーのさこももみ作品展へ。
ぎりぎり間に合った!

おはなしの窓と住人たち〜安房直子作品より〜

大盛況だった。

KCvvvffd84.jpg

そのあと、ビリケンギャラリーへ。
入るなり「あー、田中六大さんの小冊子、もうないんですー」
と言われる。

旦那のお気に入りのアケミちゃん、今あいにくお休みなんやわ。

と言われたように残念で恥ずかしい。
そうかぁ。もうないのか。

開催中なのは「拝啓つげ義春様」
《前期》9月30日(土)~10月15日(日)これは終了し、
明日からは
《後期》10月21日(土)~11月5日(日)

つげ義春氏公認のつげ義春トリビュート展。
多ジャンルで活躍する作家が前期と後期に分かれて”つげ義春の世界”を表現します。

ということです。

ccccfcf.jpg

これは安曇野の林檎、秋映。
深い紅色が毒林檎のようで、ぎゅっと詰まった濃い味が瑞々しくも爽やか。



ものがたりライブ


今年初めて行きました。
杉山亮さんの「ものがたりライブ」
日替わりゲストも華やかに、9日間公演。

私は多田慶子さんゲストの日に行った。
ケロポンズのケロちゃんと。
彼女は杉山亮さんを昔からよく知っている。
会場のプーク人形劇場に到着すると
りんごの木の柴田愛子さんが来ていた。
お二人とも有名人だし、その二人が
「わああ~、偶然!」と大騒ぎしているので
注目を浴びていた。

私は、杉山亮さんと面識はないが、
3,11の後、被災地に児童書を送る運動で
一番信頼できるのが杉山さんのところと判断し
杉山さん経由で段ボールをいくつか送り、
それでメールを交わしたことがあった程度。

ご挨拶しようと思ったが、何しろ有名人の傍らなので
私はすっかり存在感なく、入って、出た。
失礼いたしました。

さて、杉山さんが最初に手遊びをやった。
私の隣に座っていたのはケロちゃんで、その隣が愛子さんだ。
わりと簡単だと思ったのだけど、ふたりが揃いも揃ってそれができない。
「あれ? やだ。できないわ」「わかんない」「どうやるの?」「これ、違ってる?」

って!!
ふたりとも保育の世界のスターだよ。
手遊び、やらせてるじゃないか!
そんな光景は滅多に見られない。
せっかくなので、まじまじと眺めた。

lllqwwf.jpg

これは「くりはち」の愛媛は中山栗。
え~~~! 空っぽだ! とショックを受けたが
そうだ。駅のホームで我慢できずに食べたんだった。

KC4D0081.jpg

栗を買った帰り、お腹がいっぱいだけど
せっかくトラヤカフェを見つけたので
なにか、なにか食べたい・・・と思って、発見。
あんグラノーラ。

KC4jjjhhg2.jpg

一緒に、あんみつを食べた友人がプレゼントしてくれた
貼り絵のあんみつ。
プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム