気温差

150515_1335~01
2月は一面雪で真っ白だったところが
さすがに5月はこんな感じ。
帯広空港から帯広駅に向かうバスの中からの景色だ。

30℃の東京から、とかち帯広空港に着いた。
「ただいまの気温、4℃です。どなたさまも
体調を崩されませんように・・・・」というアナウンスに
隣に座った半袖Tシャツの若者たちは無言だ。
「今、よんどっていった?」
と思っている様子。

飛行機を降りるまでの間、私は着々と
毛糸のカーディガンを着こみ、コートを出して着て
よっしゃー! と立ち上がる。
飛行機を降りてもまだ人間の皮膚には
東京の温度の記憶がある。
半袖のおばさんたちが
「気持ちいいわ」と言った。
最初はな。もうひとりのおばさんが
「へえ、気候に差があるのね」と言った。
あるさ! 
「北海道の気温」なんて大雑把にとらえてたんじゃないだろうなあ。
広いんだよ! 北海道。

その日の最高気温は7℃だった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム