150226_1108~01
150226_1111~02
ベランダの手すりに小柄な鳥が用心深げに
いる。しばらく様子を見てから、蜜柑の方へと移動。
警戒している様子だから、窓ガラス越しに撮影。
毎日来ている子だと思うが、すごく用心深い。
150226_1109~01
大丈夫でしょうか。では、いただきます。
150226_1110~01
150226_1109~02
とりあえず目の前の蜜柑をつつき、
呑み込むように頭を持ち上げる。かわいい。
150226_1120~01
そして、ようやくメインの蜜柑のところへ移動。

さて、もうしばらくするとオスと見られる一回り大きい
もっと用心深い奴が、手すりのものすごく遠い場所にいて、
長々と様子を探っている。
あまりに遠いので、そこで様子を見ていても
またこっちに来ると状況も違っているんじゃないかと
思うのだけどつーか、おまえ
まずおまえが来い! 
そして「大丈夫だから来い!」と、おまえが呼べよ、妻を。

いつまでもキョロキョロしているところを見て出かけたので、
あとは知らないが、毎日このひとたちは、
こんなに用心深くしているのに
かなり大きい声でキューイキューイと呼んでいるのだ。
「蜜柑がけっこうあるよー。誰もいないよー。大丈夫だよー」
と言ってるのだろうか。
いや、もしかしたら
「おーい、こんなに垂れ流していても、コントロールされている
って言ってんぞー!」
かもしれない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム