もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

150219_1239~01
さくらの葉が入ったヨーグルト。
これをさくら味と言ってしまっていいのだろうか?
さくらの葉だからいいのか。
ずっと前、永六輔さんが、栗が入ってないのに栗せんべいと
名乗ってはいかんという厚生省だかなんだかの言い分に
抗議していたなあ。

春めいて、外がもわんとした色だ。
花粉や黄砂だろうか・・・。

来週はもう3月ということにさっき気づいて
びっくりした。

3月2日は葛飾柴又の帝釈天附属ルンビニー幼稚園に行きますよー!
とここで呼びかけても、ルンビニー幼稚園に通う子どもを持つ親が
これを読む確率はゼロかもしれない。

でね、行って何をするかといえば、
こけしちゃんのおかいもの (3さいからのユーモアえほん)こけしちゃんのおかいもの (3さいからのユーモアえほん)
(2014/09/05)
もとした いづみ・作
おざきえみ・絵

商品詳細を見る

の読み聞かせをするところを見学し、
サインをするのである。
は? サインって? と聞けば、
お迎えのママたちがもしかしたら買ってくれるかも
という一縷の望みをかけ、待機するんですな。

買うかなあ? 絵本買う? お迎えのときって。

それだけのためにわざわざ遠くまで行くのももったいないと思い
おざきさんに「読み聞かせは1冊だけ? 2分で終わるけど。
ついでにおざきさんのコンサートとかやらないの?」
と聞いたところ、
この時期は幼稚園も忙しく、先生もお母さんたちも忙しいから
読み聞かせ1冊でおしまい、ということらしい。
行事予定にも書いてないくらいのひっそりしたイベントですが
そんなわけで行ってきます。初・葛飾柴又。
ちゃんと行けるだろうか? たくさんある乗り継ぎが心配だ。
駅から駅まで徒歩ってのも心配なので
迷う危険の少ないコースにしようと思う。
その選択が正しいかどうか、も問題だ。

おざきえみさんとふたりでサインしますよー!
来てくださいねー!
と空に呼びかけてみる今日も暖かい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

検索フォーム