150102_1630~01
昨日の帰り、うちの近所で
歩きながら携帯で話しているおばさんがいて
方向が同じなのと、歩く速度が同じように早いので
話が聞こえた。

そうなの。もう、ほんっと、なんにもする気がしないのよ。
このあたしがよ!
外出魔のあたしが、新宿のしの字も行かないの。
(私は外出魔、というので耳をぴんと立てた)
信じられる? 外に出たくないんだもの。
ずっと家にいるの。

考えたらそのおばさんは
ビルの中の、ブティックの並ぶ店の通路をぐいぐい歩いているのだ。
ここは新宿のしの字にも入らない
「外」ではない場所なのか、
あるいはそれはもう過去のことなのか・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム