141206_1407~01
上は、創業二百六十余年という店のお庭の写真だ。
ここへ友達と「忠七めし」てえのを食べに行ったのです。

日本五大飯のひとつだそうだが知ってました?
そもそも日本五大飯も知らなかった。

忠七めし(埼玉 小川町)
深川めし(東京 深川)
さよりめし(岐阜 山岳地方)
かやくめし(大阪 難波)
うずめめし(島根 津和野)

さよりめしと うずめめしに至っては
存在さえも知らなかったが、誰が決めたの?

忠七めしというのは、簡単に言うとお茶漬けだ。
ご飯に海苔がまぶしてあるのが
珍しいといえば珍しい点か。

ここは旅館でもあり、登録有形文化財にもなっている。
山岡鉄舟がたびたび立ち寄ったそうだが
誰だっけ? それ・・・・・・という全体的に
うすぼんやりした印象の店ではあった。
でもまあ、仲良しの友人たちと一緒であれば
どこへ行っても楽しいし
犬(友人宅の犬)はかわいいのであった。
141206_1137~030001
141206_1137~010001


そういえば犬の話を書いたことがあった。
あべ弘士さんが、バリ島でスケッチした犬をモデルに。
350_4-591-07406-4[1]
『トランとブッチのぼうけん』
もとしたいづみ・作 あべ弘士・絵
ポプラ社

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム