book.jpg

昨日発売の『青春と読書』
発売っていうか、集英社のPR誌。
こういうのって書店のレジのところに置いてあって
どうぞご自由にってものかと思ったら
一応定価が83円となっているようだ。

最近はあんまりこういった出版社のPR誌って
置いてないのな。
いや、大きな書店はある?
レジとは離れた場所にまとめられていることがあるよね。

今月号にはもとした、見開き2ページでエッセイを書いております。
もちろん新刊『キャンディーのとけるまで』の宣伝です。
いや、あんまり宣伝になってないかな?
わかりませんが。

目次をコピペすると・・・・

巻頭インタビュー 『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』
神永 学 現代ものと時代ものの橋渡しをするエンターテインメント
特集
[対談] 第12回 開高健ノンフィクション賞受賞作
田原 牧 『ジャスミンの残り香──「アラブの春」が変えたもの』
田原 牧×酒井啓子 「革命」で人々が獲得した「負け続ける力」
対談 <集英社文庫>村山由佳『放蕩記』/千早 茜『あやかし草子』
村山由佳×千早 茜 正論からこぼれ落ちるものこそ

今月のエッセイ
広瀬 隆 長崎人が伝えた「本当の知性」
葉室 麟 冬姫──覇王信長の娘──
もとしたいづみ 願い事が叶います
 
本を読む
永江 朗 堤 未果『沈みゆく大国アメリカ』
池上 彰 小林史憲『騒乱、混乱、波乱! ありえない中国』
黒薮哲哉 宇都宮健児/堀敏明/足立昌勝/林克明
『秘密保護法──社会はどう変わるのか』
文月悠光 山田詠美『色彩の息子』
野崎六助 デオン・マイヤー『デビルズ・ピーク』
齋藤 薫 RUMIKO『頑張る力、創る力 夢をかなえる仕事のルール』
インタビュー 宮本 輝 書かない引き算
対談抄録 長田渚左×木村元彦 6年後にわたしたちが目指すべきところ
センターカラー
『スナーク狩り』の世界へ出かけよう
[インタビュー] 穂村 弘 ある謎のかたまりみたいなもの
連載 澤地久枝/馳 星周/乃南アサ/今野 敏/浜辺祐一/
城アラキ/德川家広

今年の始め、他社のPR誌をレジで発見し
「あ、これも」と買った本の上に載せたら
(普通、袋に一緒に入れてくれるよね?)
100円未満のその代金をとられて、
え! だったら別にいらないんだけど、と思ったが
まあ、そこでもめるのもなんなのでやめたけど
書店は一応ただで、仕入れてるんだよねえ?
その辺の事情はよくわからんのだが、
無料であることを確認してから買ってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム