140706_0054~01
これだけ見ると、真っ暗でなんにも見えないけど、
この間、深夜に消防車のサイレンがすごいので、どこが火事? と
窓の外をあちこち見て回っていたところ、近所がばんばん燃えていた。
でもいつも思うんだが、消防車が相当数賑やかに駆けつけるものの
現場にたどり着けるのはほんの少しで、あとはかなり離れた所で待機。

消防車が入れない道幅が問題になるけど、狭い道でも入れる消防車
ってのは開発されないんだろうか。

でもって、この写真は、やや右寄りの赤いのが炎で、上部は真っ黒な煙で
タワーも見えなくなっているわけなんだけど、こりゃ全然見えないな。
火が消し止められるまで約2時間。
あんなに徹底的に燃えちゃうんだなあ。
そして全然ニュースにならないんだなあ、と思った。

そしてわりと近所だから心配してメール送った編集者さんが
寝ていて気づかず、結果私のメールで起こしてしまった
という。。。なんというか。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム