とある場所で1時間、時間をつぶす必要があった。
早く着くにもほどがある早さで、直前にお茶も飲んじゃったし
ケーキも食べちゃったり、どうしたもんだかなあと
駅前をうろうろ歩き回った。
あまり店がない駅だ。遠くまで行くと、戻れなくなる可能性もあるので
行っては戻り、行っては戻りしていたが
リアル脱出ゲームで約3時間歩きまわった後なので
じっとしていたいし、雨が降ってきたし
もうお茶は飲めないし、あ、銀行だ!
てんで、カードを持っていたので、暇つぶしにお金をおろした。
と書くと、口座にすげえ残高があるようだけど
わずかな残高からほんの少しおろしたのだ。
それだけだとすぐに終わってしまうので
そうだ、と残高照会をしてみた。

今、キャッシュディスペンサーはやたらとピーピーうるさい。
ものすごく素早くカードを抜いたり、
電光石火のごとく現金を取ったりしないと、
即座にピーピーわめくのだ。
こっちは財布をあけたり、かばんにしまったり
カードを探したり、財布にお金をしまったり
これでも素早くやっているつもりなのだが
せかされるのでかえって慌てて
傘を落としたり、財布の中身をぶちまけたりする。

あれはなんの手荷物もなく、
カードを矢印の方向に差し込めるように準備した人が
すっと入れて、現金を取り出して、はい完了って
サンプルで時間をはかっているに違いない。

いつも私は心の中で、ピーピーに対抗して
はいはいはいはい、今やってるから!
と文句を言う。

翌日のお昼、銀行のカードがないことに気づいた。
どう考えてもそこだ。

と思ったら電話がかかってきて、
私のカードがキャッシュディスペンサーの上に乗っていたのを
発見した人が銀行員に渡してくれたというのだ。
ビバ日本人! 日本で良かった!
正直者のおじいさん(かどうかわからないが)ありがとうございました。

で、思ったのだが、私は急いでいなかったので
ぴーぴーがうるさいため、お金をおろしたあと
カードを抜いてとりあえずそこに置いて
財布にお金を入れたりなんかしていたんだと思う。

そうだよ! 急かすからかえって危ないんだよ!

それにあちこちでピーピー鳴ってると
耳障りなBGMくらいな感覚になってきてるもん。

考えてほしいものだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム