打ち合わせ

週に数回は「打ち合わせ」をしているけれど
文章を書く人、アイデアを出す人、
意見を言う人として、そこにいるので
なんというか、言ってみれば
得意な分野ばかりで気楽だ。

でも昨日の打ち合わせは
今まで使って来なかった
脳の筋肉を使っている感じで
携帯でぽこぽこ計算したり(あっさり暗算の人に負ける)
何十年ぶりかでリコーダーを吹いたり
首を突き出して譜面を見ながら
鍵盤ハーモニカを弾いたり
うろ覚えの歌を歌って
小首を傾げながらはもったり
初めて見る楽器をボカスカ叩いたりして
帰りはなんだかもう、ぼおおおっとしていた。

人間、たまには違うところを使わなくちゃな。

時間がないのでサクサクとんとん進めたのは
7月のライブの打ち合わせ。
あ、でも、お見苦しいものは決して見せません。
安心してお越しください。

しかしその前に講演会ってのがありました!

申し込みは来週から。
まだ一週間ある。
でもその一週間後が講演会だ。
申込み期間、一週間?
しかもネットで情報探したが、なし。
誰か来るんでしょうか?

書いちゃっていいんですよねえ?
と、不安気に、一応お知らせします。

   もとしたいづみ講演会

  『絵本、より道、うら話』

日 時: 平成24年6月26日(火) 10時30分~12時30分

場 所: 武蔵野市立中央図書館 3階視聴覚ホール

定 員: 50名(申込順)  費 用:無料

申 込: 6月18日(月)より、中央図書館2階カウンターまたは
電話 0422-51-5145・文庫連担当まで

***保育付(先着10名)***           

2歳~学齢前までの親離れできるお子さんを保育します。    
参加申込時に、お申し出下さい。(定員になり次第締切ります)

武蔵野中央図書館は、大好きな図書館で
日頃大変お世話になっている。
一応、内部の方で20名は埋まるようだけど
50名・・・。入るんだろうか・・・。

そしてもとしたに裏話させていいのか?
と心配している方も多かろうと思うが
まあ、大丈夫でしょう。たぶんね。

以前、たごもりのりこさんと
杉並区の図書館で一緒に講演をやったとき
たごもりさんがとても心配して
「もとしたさん、裏話はいいんですけど
本当の裏話はダメですよ。表向きの裏話程度でね」
と念を押していたものだ。
そうだよなあ・・・。
やっぱりまずい話、多いし面白いから
つい話しちゃいそうだけど
まずいのはまずいよねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム