六本木の交差点に謎の行列。
六本木へは滅多に来ることがないので
何に並んでいるのか見当もつかない。

その行列を見ながら
二女の公演の会場、俳優座に向かった。
うへえ、行列の先頭はここだった!
すごい人気だなあ。

やっと開場になったはいいが
なかなか中に入れてくれず
ロビーはくねくねした行列で埋め尽くされて
ごった返していた。

140401_1812~01


今回はただ一回の公演。
ここのところあまり寝る時間が取れず
前日も2時間しか寝ていない人が
これだけハードな演劇やダンスをやることに
恐れ入りながら、何故、私が生んだ娘ふたりは
驚異の体力を持っているのに
私は体力がないのか考えた。

中学時代の同期や後輩、顧問の先生、
今の高校のクラスメイトや先生方が
大勢来てくださり、いや、それにしても
たくさんのお客さんは
たぶんこの時期の名物となっているからだろう。

演劇関係者っぽい人たちが目に付いた。
どうして演劇関係者って一目でわかるんだろうなあ?

帰りに見たミッドタウンの桜ライトアップ。
遠くから
「いやいや、あんな色にはなりませんて。
ライトを桜色にしているだけでしょう」
と思いながら近づく。
人工的で妖しい。
140401_2022~02
140401_2023~01

おばけのバケロン バレエだいすき! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン バレエだいすき! (ポプラちいさなおはなし)
(2011/06/02)
もとしたいづみ・作
つじむらあゆこ・絵

商品詳細を見る

花の妖精ってことで、バレエの話をひとつ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム