富山県射水市大島絵本館から
『マグちゃん通信』が届く。
いつもありがとうございます。

表4に、寄贈絵本のご紹介コーナーがあり、
すすめ!  ふたごちゃんすすめ! ふたごちゃん
(2013/11/22)
作・もとした いづみ 
絵・青山友美

商品詳細を見る


を紹介していただいた。
寄贈してくださった佼成出版社さん、ありがとう。

さて、せっかくご紹介してもらって
ちょこっと言うと、小うるさいおばちゃんのようで
実際そうなんだけど「もとしたいずみ」になってます。

で、宛名は、もとしたいづみ様なんですよね。
まあ、同じっちゃあ同じなんですけどもさ。

こういう間違いって、間違いとは思っていない人もいて、
指摘すると、すごく恐縮してくれちゃう人もいれば
え・・・「づ」って、ないでしょ? 今「ず」ちゃいますか?
という感じの反応とか、
「づ」って出てこないですよね。
は? 「D」「U」って打つの? あ、ほんとだ! へえ・・・。
という人もいるので、さらっと言うことにしている。

さすがに市販本はないけど
たまに雑誌なんかで「作・もとしたいずみ」というのがあったりして
言った方がいいのかな。いや、うるさい奴だと思われるのもいやだし
やめとこか。
などと思ったりするんである。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム