2013, 12. 05 (Thu) 23:35

BaRU8miCcAAaHIJ[1]
あり得ないと思っていたことが、本当に起こることがあるんだな。

いつだったか夢を見た。
外が暗いので、ベランダから空を見ると
西は晴れた昼間で明るいのに
東は不気味に真っ暗で、大きな黒い鳥が
羽を広げて風に舞っている。
何度見てもその黒い鳥が、異様に大きな鳥が
グイングインと飛んでいる。
怖い! と思う気持ちそのままで目が覚めた。
今思い出してもいやな気持がよみがえる。

起き上がって、あの夢はなんなんだろう? と考えた。
ふと浮かんだのが「秘密保護法」という言葉だった。
いやあな感じはあるしな。
でもまさか、と思っていたらこのざまだぜ。
とんでもないことだ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント