画家の樋上公実子さんが日記に

『まよいみちこさん』と『ふしぎなかばんやさん』
について書いてくれた。

『ふしぎなかばんやさん』のあとがきで
買物しすぎて持ちきれないほどの荷物になってしまう私を
心配してくれる友人が出てくるがそれは彼女です。

樋上さんは『まよいみちこさん』で
迷っているうちに、おみやげの鯛焼きが冷めてしまうのではと
ひやひやしながら読んだそうです。

「大丈夫。まるみさんちに着いたとき
ちゃんとチンして食べたから」

と言うと
「安心しました」
って。

実は私も書いていて、はらはらした。
時間が経っていなかったことにすれば
たい焼きは冷めないのではないか、とか
たい焼きを美味しく食べるために
いろいろ考えたのだけど、
レンジでチンしましたとか
オーブントースターで、あたためなおしましたとか
オーブンで予熱10分、とか
コンビだと早くてぱりっと仕上がるとか
書かなくていいか・・・と思ったのだったが
やはり気になっちゃう人、いるんだなあ。
というか、樋上さんと私だけですか?
そんなこと気になるの。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム