131116_1546~010001
高校の保護者会。
古い建物好きの私ですが、はっと気づいた!
ここも相当古い建物じゃないか!!

入口には、思わず怯むこれ。

131116_1545~010001

ついに撮影成功!
そう。最初は吹き出した。
さすまたと催眠スプレーなんて
防犯になんのか? え?

でも、実際見るたび、びくっとする。
そして、撮影することすら遠慮がある。

誰もいないことを確認して素早く撮ったが
急に通った高校生。
思いっきり「何してんですか?」って顔で
睨んで行く。

学校の裏に回ると、池袋行きのバスが来たので
飛び乗った。

池袋は電車を降りて、つまり駅から
買物なり、なんなりと用事に向かうが
土曜日の夕方、駅に向かうとなると
ものすごい人混みで、ちょっとためらう。
あそこに突進していく気がしないので
ジュンク堂へ。

なんかやってた気がする・・・と
イベント表を見ると。
131116_1633~010001
28日は小峰のみかちゃんと
偕成社のみかちゃん、そして
私の認識では「フクインカンのおっきいひと」と
かこさとしについて話すそうだ。

今日は何もやってなかったか・・・
と、児童書を見て、本を持ってエスカレーターで降りるとき
「ほむほむ」という字を見た。
ん? ほむほむ? そうだ。穂村弘だ。
本が並んでいるが、ほむほむの書店員の日は
少し先のようだ。
書店員コスプレの穂村さんの写真は、なんか疲れた書店員さんだ。
演じているのか?

そういえば穂村さんに最近会っていない。
西荻でバスの中から見かけたり
西荻で通り過ぎたり。
一方的に見てるだけかもしれない。
むこうだって、私を見たら、疲れ果てているので
声かけにくいかもしれないな。

たぶんドライアイと、たぶん花粉症で
今も真っ赤なしょぼしょぼ目の俺様だ、文句あっか!

短歌という爆弾―今すぐ歌人になりたいあなたのために短歌という爆弾―今すぐ歌人になりたいあなたのために
(2000/03)
穂村 弘

商品詳細を見る
ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)
(2012/01/25)
穂村 弘、東 直子 他

商品詳細を見る

これらには私の短歌が出ていたと思う。
違ったっけな?
もっとあったけど、なんだっけ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム