131012_1737~010001
前に「近所の公立図書館で、
反戦ものだけ、いつのまにか奥の裏側の棚にまとめられて、
赤いシールが貼られてる」と書いたら
興味を持ってくれる方がいて、
それはどこで、どんなふうになっているのか?
と聞かれることが何度かあった。

写真撮ったら「もしもし」と肩を叩かれて
どこかに連れて行かれるのではないかと
何度か挑戦し、横に座っていて本を読んでいる
一般利用者と見える男性は、もしかしたら
写真でも撮ろうものなら、さっと立って
ちょっとこちらへ、などと奥に連れていかれ
「その写真はどうするのか?」なんて
詰問され、どこかに連れ去られてしまうのではないかと
ちょっとドキドキしたが、カシャっと
撮影した。かなりぶれている。すまない。
みなさんもお近くの図書館で探してみてください。
児童書の戦争物は普通に並んでいるので油断していたが
こんな不自然な棚が増えているかもしれない。
事態はおそらく『はだしのゲン』どころじゃないのだよ。
でも『ゲン』騒ぎによって、
少しはこの方向に歯止めがかかったかもしれない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム