130917_1610~010001
これを見て「あ! 目白の志むらの期間限定
かき氷りんごキャラメルだ!」
とわかる人はすごい。
というより、これがかき氷だと
言い当てられる人はえらいと思う。

歌舞伎座に行きましょうと誘われて、
九月の新作「陰陽師」を見たいと答えたことを
ちょっと後悔しながら、九月早々
新歌舞伎座の椅子に座っていた。

うーん、これは歌舞伎じゃない。
歌舞伎座は天井が高くなり、
でも音響の面で劣ることはないんだろうけど
だーっと横に長い舞台と
どーんと高い天井で
ギターの音色が少しスペインチックなテーマ曲が
どうにも落ち着かない。

染五郎、喉にひっかけすぎて
ああお父さんはうまいんだなあ。
勘九郎、ところどころ父親を彷彿とさせるが
やはり足元にも及ばない。
ふたりで話しているシーンは
ごにょごにょ言っていて(まあ、張るセリフではないのだが)
声が届いてない、というか
あの歌舞伎座全体に響く声が出せていない。
あんまり好きじゃない海老蔵は
まあ頑張ってはいたが、伝わってくる芝居じゃない。
形だけだが、確かに表情を見せる舞台向けの顔ではある。
七之助は、年増の女が板についてきた。
菊之助はとてもいい。やはりこの人、すごいわ。
芸に対する執念みたいなものが伝わってくる。
染五郎と勘九郎の声が四方に広がらないのに対し、
愛之助と松緑の声と芝居は安心できた。

にしても陰陽師・・・これ、もうやらないんじゃない?
脚本や照明はいいと思ったが、
白い狐のぬいぐるみで五芒星を作ったり
大ムカデが出てきたり、
あの・・・ここで拍手? みたいな
なんとなく困り果てたような演出や
若手がいきなり新作に臨む頼りない感じが
どうにもいただけなかった。

ちなみに普段は私、歌舞伎は若手贔屓だ。
夢枕獏の小説や岡野玲子の漫画や
野村萬斎の映画とは違った歌舞伎ならではの舞台は
難しいのだろうなあ。
この中で一等賞を決めるならコミックかな。
最下位が一番高額な歌舞伎だな。
あくまでも私の感想なので
人によって全く違うと思うけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム