ちょっと考えたけど・・・

この自虐的な写真はブログで紹介しちゃまずいのかなあ
と思っていたので、一部の友人にだけ見せていた。

でも、「あまちゃん」の1シーンのようだとまで言われたら
出すしかないじゃないか。
そう? そう? 面白い?

ええと、前にざっくりとは説明したから
今さらボカして書くのも白々しいけど
とあるところでの講習。
事前にお願いしていた
(というか、使用する本や関連本を販売するので
それを教えるようにという連絡があり
随分前に提出したのだった)
販売本が、私の本だけ、手配し忘れたのか
どういう理由か聞かせてもらえなかったが
他の講師の方の本やCDは、どっさりずらーっと並んでいるが
私の本だけはなかった。
あまりに扱っている本やCDが多くて、気付かなかったが
とにかくお願いした本が、主催の会社で出した本さえ
な~んにもなかったのだ。

ただ現場で気づいた人が自力で取り寄せてくれた本が10冊。
つーか、気づいた人がいたら、私に知らせてくれれば
充分間に合ったと思うのだけど、こっそりとないままだったのですね。

なのにサイン会の席は用意されていて
一応座っているように言われたので
めっちゃ暇でしたが、座っていました。

DSCF1380.jpg

隣は「きゃあ、やっぱりかっこいい!」
とか言われて不敵な笑いを浮かべつつ忙しくサインしている
王子こと大友くん。大行列。
「どこから来たんですか? あ、来週行く」
「どこの園ですか? そこ、再来週行くよ」
と言いながら、シールや、チラシなど渡すのに忙しい。
(「そのシール、私、渡す係やろうか?」
「ねね、本を開いておく係やるよ。暇だから」
と言うが無視される)

その隣は鈴木翼くん。大行列。

その向こうはいつまでも列が途切れない新沢としひこ。

私は暇だ。ものすごく暇だ。
暇なので「ねえ、この行列を入れて、私がぶんむくれているところ
撮ってくれない?」と頼んで撮ってもらった。

だって暇だったんだもん!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム