>

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水辺は涼しいのか

はて? おれは何故ここにいるのであろう?
543652581[1]
なんでもいいから早くどいて!

みなさま、ご心配おかけしましたが
もとしたは生きております。

さきほど新クーラーがやってきました。
そもそも家に1台しかクーラーがないこと自体
今じゃ珍しい、ということに気づいた。

でも、5年くらい前は、クーラーって
ほんと使わなかった。
一夏に1,2日。
それが今はクーラーなしでは息ができない。
ハンパな暑さではないので、頭痛や吐き気、めまいなどの
症状が出ます。
なんだろ、これ? と思っている不調なあなた。
暑さのせいかもしれませんよ!

気温が上昇してきて、じっとしていると、
血管内の血液(ま、そうか。血管外の血液は出血だ)が
ふつふつと沸騰している気がしてくる。
それが主に頭部にたまり、足の方に流れない感覚がある。
いわゆる「冷えのぼせ」だ。
案外、足は冷えてるのだよね。こんなに暑くても。
なので、意外だけど、足湯や腰湯をすると
けっこう頭痛、吐き気などは治まる。
シャワー浴びると、一時的に涼しくなるけどね。

しかしたぶん光化学スモッグが原因の症状もあると思うなあ。
注意報や警報の基準が変わったのかなあ?
一時期毎日出ていたものだが、たまにしか出ていないし
ひっそりと出ている。

クーラー嫌いで、夏でも日向で寝ていたうちの猫も
さすがに昨日、今日は、わずかに風の通る廊下で
ぐったりしていた。
私も真似てみたけど、風はときどきぴたっと止まる。
途端、汗がじわじわ出てきてだらだら流れ
呼吸が苦しくなる。

年々暑くなっているとは思うけど、年齢もあると思う。
40代後半から、暑さが体内にこもる傾向がある気がする。
更年期ののぼせと合体か!

夏、大好きな人、暑いの平気な人、
50度ぐらいがちょうどいいって人、
みんなうらやましい。
これから人間はそういうタイプが生き残り、
暑さに耐えられる傾向が強まって行くのかもしれない。

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
絵本『ほしのさんちの おそうじだいさくせん』(つじむらあゆこ絵 ポプラ社)
絵本『ドーナツやさんのおてつだい』(ヨシエ絵 絵本ナビ)
翻訳絵本『あかちゃん新社長がやってきた』(マーラ・フレイジー作 講談社)
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。