付き合い

BMxrOQaCIAAbSzA[1]
ご飯はまだかね?

この画像、かわいいので拝借。
さて、全然関係ないが、子ども関連の付き合いで忙しい週末だった。
付き合いって言わないか。ふつー。
子ども関連の用事のことだ。

高校の保護者会に行った。早くも大学受験についての説明。
当の娘が授業中は睡眠にあてているようなので
保護者がここで寝てはならぬと思い仕事を持っていく。
(同じか・・・)こういうとき、文章書きは便利だ。
絵描きさんはそういうわけにいかないものね。
でもけっこう飽きない内容で、仕事する暇もなかった。

古い学校なので、あちこち写真に収めたいものがたくさんあるのだけど
今回はここだけにしておこう。
130622_1529~010001

帰り、一駅歩くと、途中で「あれ? ここ、知ってるぞ」。
そう、児童書出版社がひしめく地帯なのであった。

長女が所属するサークルの定期演奏会にも行った。
八王子だ。
年2回の演奏会はあえて、都内のいろんな場所で開催するそうだが
八王子。遠すぎる。

でも早いなあ。最後の春定演。
ついこの間、入ったばかりの同期の
あの子もこの子も、みんなもう貫録のある最高学年だ。
早いなあ。新入生からもう幹部だよ。
就職したら、そんなスピード出世はありえないからね。

いやしかし、この2年間、飲んでゲロまみれになり、
飲んで便器に顔を突っ込んだまま夜明かし、
飲んでコンビニのトイレに閉じこもり、
飲んで救急車で運ばれ・・・・どんだけ飲んでるんじゃ!!

そんな子ども関連の付き合いの合間に
選挙にも行くが、毎度がっくりだなあ。
まず、行くとがらんとしていた。
ぽつり、ぽつり、と、
いかにも自民に入れたくさい爺さんがいる程度。

図書館もはしごしたが、日曜日の児童書の棚付近で
おとうさんの声。
年長さんぐらいの男の子が絵本をどっさり持って来たと思いねえ。

「もっと・・・ちゃんとした本にしなさい」
「ちゃんとした本って?」
「そういうんじゃなくって・・・ほら、こんなふうに
字がいっぱい書いてある本」
「えー! やだー」
「だめ!! こんな本は借りない!」
「えー・・」
「言うこと聞きなさい!!」

一瞬、この父親になんか言ってやろうかと思ったが
うーん、うーん、たぶん何を言ってもダメだな。
と判断。

男の子はせっかく選んだ絵本を6冊ほど
父親に取り上げられて、3秒ほど読み物の棚付近を歩いていたが
ぱっと駆け出して、どこかに行ってしまった。

ほ~ら! この子はもう本なんか読まないぜ! 一生、な!

って言ってやればよかったかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム