ローズガーデン

長女の高校時代の同級生母がそれは見事な薔薇を育てていて、
ラッキーなことに、この時期、バラの咲き乱れたお庭を公開している。
去年、初めてうかがって、バラに囲まれた夢のようなひとときを
お茶とケーキと共に味わう幸せを満喫し
今年もちょいと空いた時間にいそいそ訪れた。
130517_1121~040001
お菓子の盛られたテーブルと椅子が外にいくつもあり、
家の中でもソファでゆっくり庭のバラを眺めることができる。
130517_1120~020001
よくわからないのだけれど、いろいろな種類の薔薇が
芳香を放っていて、くんくんしていると
130517_1121~020001
「そこの紫のと、あっちの濃いピンクのと・・・」
と、特に香りのいいものを教えてくれる。
130517_1121~030001
そうなのだ。
この薔薇を育てる人は、いかにもな人ではなく
って、これ、古いイメージだろうか?
ほら、雑誌の「お宅のイギリスガーデン公開」特集に出てくるような
ふりふりなワンピースを着ていて、髪の毛がたてロールで
ピンクの口紅が濃い薔薇婦人。
今どきいませんか? そんな人。

彼女は全くそういう人ではなく
控えめでいて、しかしどこか頑固で
穏やかでいながら、パンチの利いた
味わい深いユニークさが魅力の人。
130517_1121~010001
130517_1122~010001
ものすごくこだわりがあって頑張っている!
という強調は皆無だけれど
たぶん、すごく大変なんだろうなあ。
130517_1124~010001
それを見事な時期にだけのこのこやってきて
ずるい気もするんだけど、
お言葉に甘えて参りました。
130517_1120~030001
今年もどうもありがとうございました。

そうだ、そこでご近所の若い母たちに紹介していただき
気づいたら、色紙にサインしていた私・・・。
紙ごみの日に出されないことを祈る。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム