ぺんぎんちゃんのぼうし

『しどうほうがく』を読み終わって拍手の中
「時間は・・」と思う前に
「もうじき40分だよ!」と前にいた女の子が教えてくれた。
何故、40分までだと知っている?
「あ、ほんとだ」と私も時計を見ると、1分ほどありそうだ。
短いものならあと1冊読めるかなと思い
「じゃ、最後にこれ!」
と取り出したるは・・・。
653364_l[1]

女の子と父が同時に「は!」とする。
「これ知ってる! 幼稚園でもらった!」
子どもが「もらった」と思うのは当然だけど
もらったんじゃなくてきっと代金は払ってるはずで
だけど月刊絵本って、みんななんとなく幼稚園、保育園のサービスぐらいに
思っている人がいるのが面白い。
と思いながら、偶然の出会いに顔を見合わせて喜んでいる父娘をちらっと見る。
「帽子、川に落ちちゃうんだよね!」
途端に慌てふためく父親。
いやいや、大丈夫ですよ、お父さん。
絵本はたとえ筋を知っていても、暗唱できたとしても
楽しめるものだから。

「絵、猫野ぺすか」
ここで早くもウケる。
ぺすかさん、すごいっす。
名前読んだだけでざわざわさせちゃうなんて!

というわけで、おはなし会レポートはおしまい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム