うろうろしていると、どうにか8時になり、
9時から打ち合わせの約束をしている喫茶店に入る。
1時間、仕事ができる。
なんと効率の良いこと!
と酔いしれているうちに、1時間は案外すぐに過ぎるもの。

打ち合わせを終えて、次の予定までには
まだまだ時間があるので、巣鴨の地蔵通り商店街(っていうんだっけ?)を
うろうろする。ものすごく丹念にうろうろする。
130415_1045~010001
商店街の途中の建設現場
と思って通り過ぎようとしたが
発掘調査が行われていた。
かなり大勢の人たちが調査していて、
女性がとても多く、なんとなく嬉しい。
130415_1044~010001
130415_1044~020001
縄文か? と見てみると、意外と江戸時代だったりして。
江戸時代も埋もれているのか。
このあたりは歴史の記述が多く、
歴史上の人物の誰それが住んでいたが
電車の音がうるさくて引っ越したとか
日本史が頭に入っていない私は
そんな人が電車の時代に? と意外に思ったりしつつも
そんな人の名前が思い出せない。
130415_1113~010001
うるさい電車とはこの荒川線のことか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム