教育シューズ

初めての組織、というのは
そこにいろいろな慣習や
当然のごとく行われている言動があって
面白いものだ。

古くからある私立高校も
そんなこんながたくさんありそうで
わくわくする。

娘がそこでいろいろなものを
買ってきたわけだが
(誰もが親子で来ていたそうで
それを知らず、見物のチャンスを逸した)

130303_1933~010001

どんなものか、と
逸る気持ちを抑えつつ、開けると・・・

130303_1934~010001

こ、これが教育シューズか・・・。

しかも25センチ?
履けないんじゃないか?
と思ったら、案の定、小さすぎたそうだ。

これが最大サイズのようなので
仕方がない、と思って、これにしといた。
って・・・。
履けない靴で3年間過ごす気か!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム