キャビア

表現caféで、以前
チョコレータひめチョコレータひめ
(2008/10)
もとした いづみ・作
樋上公実子・絵

商品詳細を見る

を読んだことがあり、そのとき初対面だった方と
再会した。
さっそくテオブロマにこの絵本を買いに行ったところ
なかった。ほしいのだけど、どうしたらいいか? と聞かれた。

私が持っていたら、お送りできるのだけど
私が注文して送ってもらって、それをまた送ることになるので
書店で買うか、なければ注文するのが一番早いと答えた。

意外と多いのですわ。
この「絵本はどうやったら手に入るか?」という質問。

書店で絵本を見かけないからかなあ?
絵本を売っている現場を見ることがないのかもしれない。
普段意識しないと目に入らないものかも・・・。

130208_1910~020001

さて、これは今年のテオブロマのキャビア缶です。
もちろん中はつぶつぶチョコレート。
写真だと色味が違うので、是非本物を見てほしい。
絵はおなじみの樋上公実子さん。

上のお兄ちゃんだかお姉ちゃんだかわからないが
生まれたのは去年だし、
立て続けに双子は大変だろうなあ。
と、チョウザメの親たちに同情する。

今日、巣鴨のおせんべい屋さんに行ったら
店の奥で、大きなハート型おせんべいにデコレーションしている
鉢巻姿のせんべい屋のおじさんがいて、
なにか書いた紙と首っ引きだった。

ああそうか、こんなおやじが描いてるから
ハートとか、文字とか、いまいちなんだなあと思った。
そこらの女の子たちにやらせたらいいのに。
でも調理師免許とかいるのかな。

和菓子屋も奮闘していて、
とらやの羊羹auショコラってのがあるが
あれ、どうなんだろう? 
昨日、赤坂の虎屋はお雛様一色だったけど。

それにしても、ここ、赤坂の虎屋茶寮の麦茶はほんとにおいしい。
麦茶ってこんなに上品でまろやかなお茶なんだ!
と、ちょっと感動するくらい。

そうそう、かなり頻繁に行く
TORAYA CAFEのお正月限定の
「ほうじ茶風味の葛汁粉」も
素晴らしくおいしかったなあ。

鏡開きの日で、お汁粉モードになってはいたけど
胃がもたれるしなあと躊躇っていたところに
口当たりもほうじ茶の香ばしさもさっぱりしていて
もちろん白玉も上品でつるんとしていた。
虎屋は偉いなあとしみじみ感動したのであった。

ここはスコーンや薄いビスケットなど粉ものもおいしい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム