友人たちの嬉しいこと

友人、と言ってしまうのも
一方的に慣れ慣れしくて図々しい気がするけど。

ひとつは、絵本作家のとりごえまりさんの嬉しい話題。

少し前のブログでも紹介したニベアの
冬季限定パッケージで、
日本パッケージデザイン大賞2013
銅賞受賞!!!
目出度い嬉しいのお福わけ。

くわしくは、とりごえまりさんのブログ参照。
とりごえまり日記

そしてもうひとりは、女優の多田慶子さん。
今夜、六本木ストライプビルの
「多田慶子のひとりバラエティ~よせみて~」初日公演を見に行き
(だるま食堂さんも来ていた)
とても素晴らしく、ほくほくと嬉しい気分になる。
先日のトライアウト公演と同じ演目なんだけど
ひとつひとつが、さらに練り上げられていて、
演出にも変化があり、「あ、ここがぐっと良くなったな」などと
思えるのは嬉しいこと。

動き回る一人芝居は、2作とも絵本にも落語にもなっている。
表現にはいろいろなスタイルがあるが、
目の前で人が声を出し、体を使って表現するのは
ほんとうにわくわくするものだと思う。
守啓伊子さんの三味線もすごく良かった。
公演は今日から2日まで。

詳しくは、多田慶子さんのブログ参照。
ひとり芝居、語り、ダンスの道をゆく・・・多田慶子のナントカナーレ

今日は、爆笑編集者(って言い方もひどいか。
でもなんだかいちいち可笑しくて、爆笑・・するのは
こちらなのだけど)S社のOさんと、話が思わぬ方向で盛り上がり
あ、そうだ! と、肝心な話を
帰り、駅の改札でばばばっと話す。
それを私は忘れないようにしなくちゃな。

I君、来ればよかったのになあ。
席を空けて待っておったんじゃが。

でも改めて打ち上げましょう!(業務連絡)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム