FC2ブログ
>

Articles

『退屈をあげる』

坂本千明 『退屈をあげる』原画展に行った。
URESICA(ウレシカ)

愛猫「楳」との出会いと別れを温かいモノクロームの版画と言葉で織りなす画文集『退屈をあげる』
私家版から2017年11月装い新たに青土社より出版。

繊細な紙版画がとても良かった。
なにより「退屈をあげる」というタイトルが、素晴らしい。

1ty80gfn.jpg

ウレシカでは知り合いの猫飼いと会い
猫話に花が咲く。

3fgdfgb.jpg

全然関係ないが、娘の名古屋土産。

名古屋は高校時代の数年と浪人時代の暮らしていた。
大学時代の数年間は名古屋に帰省する人だったので
友人たちからお土産を頼まれたものだが
名古屋土産は重い物ばかりだった。
きしめん(乾麺)と守口漬けとういろう
しかなかった。そのうち、きしめんパイといううなぎパイのヒットにあやかった
よくわからんものが出来たけど、買ったことはなかったな。

KC4D0018.jpg

これは、ういろうのバリエーションといえるのか。

KC4D0020.jpg

皮と餡が別々になって、最中のパリパリ感にこだわりました!
という最中があるが、そこにういろうを無理矢理入れたもの。
最中に餅入りってのがあるから、そこからのヒントか?

そしてこれは、名古屋といえば、というお菓子を考えた挙句
「名古屋といえば、モーニングだがや」という発想なのはわかるが
もうなんだかどういうことかよくわかりません。

よくある小麦粉を焼いたせんべいに
二種のクリームをはさんだもの。

jd2sbv.jpg

新しく開発しなくても、焼き印だけ作れば
あとはもうパッケージだけで行けるがね
という感じか?
w4dfg.jpg e6hvbcs.jpg

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
新刊『さつまいもおくさん』(市居みか絵 小学館)
『10ぽんのぷりぷりソーセージ』(ほるぷ出版)翻訳しました。
絵本『ほしのさんちの おそうじだいさくせん』(つじむらあゆこ絵 ポプラ社)
絵本『ドーナツやさんのおてつだい』(ヨシエ絵 絵本ナビ)
翻訳絵本『あかちゃん新社長がやってきた』(マーラ・フレイジー作 講談社)
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

管理者ページ


FC2Ad