FC2ブログ
>

Articles

シュガーキューブ

kjhfth.jpg

この流れだと、雪景色のようですが
帝国ホテルにあった角砂糖のお城。
角砂糖って最近見ないから、懐かしいと思ってしまう。
あ、失敬。角砂糖ではなく、今は「シュガーキューブ」なんて
呼ばれているのね。
というか、そう呼んでイメージを一新しようという作戦なんでしょうが
さて、どうなんでしょうか。

tyufgh.jpg

ロビーのクリスマスツリー。

kjhgaerjguy.jpg

毎年暮れの野間賞の授賞式で見ることになります。
今年は前日が、ポプラ社のクリスマスパーティーでした。
野間賞で久々に会った人から、ブログに書かないようにと
怒られたので、書けません。

rtydfgvj.jpg

これは帯広の北海道ホテルのロビー。
窓の向こうは雪。

そんなとこに泊まらないで家に泊まってよと
言ってくれる友人たちもいたのだが、
ちょっと仕事もしなくちゃならない。
と思い、朝食は原稿用紙を持ってダイニングへ行くが、
窓の外を駆け回るエゾリスに見とれて、ちっとも書けない。

前に来たときは見られなかったけど、一度に5,6匹の動きが見える。
気づくと、エゾリスの物語が聞こえてきて、部屋へ戻るなり
ホテルのメモにだだだっと書いた。
エピソードその1、という感じだけど。

こういう環境は集中して書けるんだろうなあ、と
しばしホテルに缶詰め作家の気分を味わうが
エゾリスの物語は、どこからも依頼されていないのだ。
そうだよ! 急いで書かねばならない物語の方がちっとも書けていない。

ddghgvhj.jpg

ホテルは日高ウイングとガーデンウイングに分かれていて、
前回同様、日高ウイングを取ったのだけど、ここは・・・・
駐車場ウイングだ。
毎朝6時前に除雪車がバックするピーピーピーという音で起こされた。

目の前に続く一本道の先に、夕飯食べて帰りに寄った友人のマンションがあった。
「ホテルはこの道、まっすぐ行って突き当りだから」
と言って放り出されたら途中で凍死するかもしれない。

なにしろ雪で歩けないので、いちいち友人の車を頼ることになる。
どこに迎えに行けばいい? どこに送ればいい?
と、声をかけてくれる友人たちに感謝。

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
新刊『さつまいもおくさん』(市居みか絵 小学館)
『10ぽんのぷりぷりソーセージ』(ほるぷ出版)翻訳しました。
絵本『ほしのさんちの おそうじだいさくせん』(つじむらあゆこ絵 ポプラ社)
絵本『ドーナツやさんのおてつだい』(ヨシエ絵 絵本ナビ)
翻訳絵本『あかちゃん新社長がやってきた』(マーラ・フレイジー作 講談社)
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

管理者ページ


FC2Ad