もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

あっちこっちへ


続くとまるで寺や神社を渡り歩いている人のようだが
たまたま少し前のことを思い出した。

東中野から中野坂上に向かう途中。
約束の時間まで余裕があるので
おや、ここはなんだ? と緑色の方に
足が向いた。
氷川神社か。
氷川神社って一体どのくらいあるんだろう?
と思いながら、大久保通りから入ると、予想外に広い境内。

お参りしてふと見れば立派な鳥居がある。

170626_1413~01

かわいい龍の手水舎があり、

170626_1414~01

山手通りの方へ降りて

170626_1414~02

振り返れば、おお、こんな神社だったのか。

その近くに、龍が降り立ったということで
祭ってある小さな祠のようなものを見たが
営業時間外で開いていなかった。

さて、他にも打ち合わせした要町から
熊谷守一美術館に行ったり

170706_0749~01

他の日は都立大に行き、ミロコマチコ展をふたつはしごした。

170706_0750~01

それから恵比寿のMalleで開催していた
「音楽」というテーマの展覧会を見た。

宇野亞喜良 北見 隆 スガミカ 
野村直子 ヒロタサトミ 水沢そら
久保田恵子(音楽で参加)

「かかってる音楽、久保田さんって方の・・・」
「東中野のギャラリーのですよね」
「・・・え、はい」
この人は何故そんなことを知っているのだろう?
という表情で私を見たが、やはりこのたびも
木川さんは私を思い出してくれなかった。

たぶん50回中1回ぐらいだな。
あと3回ぐらいは「誰だっけ誰だっけ」と
芳名帳にすり寄った。
そして2回ぐらいは、講談社の編集者だと
思い込んでいたと思う。

木川さん、私は覚えてもらえないもとしたです。
でもだいじょうぶ。
印象に残らない顔なので、そんなことはよくあります。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

検索フォーム