もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

骨盤矯正


国立のギャラリー「ゆりの木」に
市居みか個展「ちいさなひかり」を観に行った。
タブローや 絵付けをした漆器など
絵本原画展とはまたちょっと違った展覧会。

久々に国立に行った。
ゆりの木も久しぶり。
ちょっと明るくなった画廊とつながった
隣の店のガラスの器を見ていたら
ああ、私けっこうここでガラスの器買ってたわ
と思い出した。
全て震災で割れた。

3.11のとき、私が自宅に戻れたのは、もう3.12だったけど
食器棚から落ちて割れた食器は全て片付けられていた。
だから割れたものリストは頭に入っていない。

ときどき「あ、これは、あのお皿に入れると・・・」と
食器棚の前に立ち「割れたのか・・・」と気づくのだ。
なくなったものはなかなか思い出せない。

国立の、以前はなかった駅ビルで汗がひくのを待っていたら
60代とおぼしき男女が隣の席で話していた。
夫婦だろうか・・・兄妹だろうか・・・。

話題はマイナンバーから、親戚の話までさまざまだが、
全ては女性が提供した話題に、
男性が「そんなものはな・・・」とばっさり言って
女性が「あら、そうなの」と語尾を小さくして終了
というパターンだ。

途中で私は男性の発言に
「いやいや、そういう話じゃないでしょう」とか
口を挟みたくなったが、堪えていた。
俺は何でも知っている。という態度なのだ。

話題は「〇〇ちゃん」の歯並びが悪いという話になった。
「そんなものは、そこにもあったろ。矯正・・・
骨盤矯正とか書いてある看板、そこで矯正すればいい」
「へえ・・・歯の矯正もやるかしら」(ちょっと鼻で笑う感じで)
「やるだろ」(自分でもそれはどうかと思っている風に)

「やらないよ!!」とテーブルをバン! と叩いて
立ち上がる自分を想像しながら、
ああ、ここで原稿書くのは無理だわとお店を出た。

170614_0118~01

毛づくろいのところ、失礼します。

170614_0121~01

「下半身はどうなっているの?」
「え?」

170614_0118~03

「しっぽを小脇に抱えてる?」
「なんだと? そんなのどうだっていいだろう」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

検索フォーム