ブックハウスカフェ


先日、惜しまれつつも閉店した
児童書専門店ブックハウス神保町が
ブックハウスカフェとして再デビューした。
お茶もお酒も飲める児童書専門店。
夜は11時までやっている。
酔っぱらったお父さんが、酔った勢いで
絵本をばんばん買ってくれるといいなあ。

170505_1926~01

5月5日のオープニングに行って参りました。
今まで何度かイベントでお世話になったけれど
今度のイベントでは、この階段を宝塚のように
羽をハタハタさせて舞い降りて来ようか、とか
階段を使って、クリストファーロビンとか
メアリーポピンズとか、一発芸から入って
その物語のひとり芝居に突入するのはどうか
とか夢が膨らむが、
あまり膨らませほしくないかもしれないな。

実は、児童書界の女性セブンとして
裏話(やばいやつ)をこっそり話す会を是非
と言われている。

これだって、どうかと思う。

まあ、そんな感じで自由に楽しくやっていきましょう
というお店なのである。よね?

これからもよろしくお願いします。

詳しくはここ→

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム