猫とワタシ

もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

この記事のみを表示する花森安治の仕事

未分類

170330_1609~01 170330_1608~01
170330_1629~02  170330_1620~01

世田谷美術館へ。

170330_1635~01

砧公園には学生時代、何度か行ったはずだが
記憶にない。

KC4D0dhk29df4.jpg

成城学園前からバスで行ってみた。
「あんや」に行く魂胆があったから。
焼き麩ぜんざいを食べた。
お椀にこんもり盛られたほんのり温かい粒あん。
そこに焼きたてアツアツのよもぎの生麩が3枚。

蕗味噌と煎り玄米が添えられて
ああおいしかった。
撮影☓マークを見て、写真に収めなかったが
次に見ると喫煙☓マークだった。
・・・だよねえ。

KC4f8473jfhdd07.jpg

渋谷行きのバスから、途中、ゴジラの壁画が見えた。
東宝スタジオ。

KC4D387fhshfv6.jpg

そうそう、このあたりは映画の町だったのだよねえ。
映画監督や俳優の家もあった。

KC4D00sjf8ehf.jpg

成城学園前で八千草薫を見た気がする。
昔は上品で元気なおじさんおばさん(若者から見れば)が
大勢いたが、今やその方たちも相当な高齢者で
駅前では、署名活動をしているお年寄りに
大声の爺さんが絡んでいた。
平日の昼間は年よりだらけの町だった。
あ、成城の話ばかりだ。

展覧会は、是非に! とおススメする以外にない。
とても丁寧に愛情を持って作られた展覧会だった。
展示室の奥の方へ行くにしたがって
花森さんがスタッフを叱咤している声が聞こえてきて
あー、怒られてるよとひやひやしながら進むことになる。

記録フィルムもあった。
雑誌の記事にもあるが、
火事の実験なんて、驚くばかりである。

確かにストーブ倒して慌てたり
鍋に火が入っておたおたするのは
実験する会社の完全防備のおじさんではなく
家庭にいる主婦だものなあ。
いちいち納得。

展覧会は9日まで。


コメントの投稿

secret