3月のライオン


今更おススメされても、な情報です。
というか、おススメするのをすっかり忘れていた。

ウレシカでやっていた中野真典 個展「ぼくたちのサーカス」
よかったですよー。
1月26日(木)~2月6日(月)までやってました。

新作絵本『ほのちゃん』(WAVE出版)ののびのびした原画も。
楽譜、ちょっと間違ってたけどね。

そしてウレシカの窓辺。
こりゃいいアイデアじゃ、と思ったのは
閉店していても観られるってことで
路面店ならではの特典ですね。

Hakoen 「本日の食卓」は
2017年 2月1日(木)~2月28日(火)まで
自動的に開催している。

*URESICA窓辺での小さな展示 + 1階展示スペースにも拡張展示

写真家 Hakoen 作品集『dish』に収録した写真を中心にしたインスタレーション。
ZINE『ゴミ』に掲載された関連作も融合し、独自の世界観を小部屋に閉じ込める。

Hakoen(葉子円)
写真家、細川葉子による「Hakoen」名義での活動。
作品集「dish」「Early summer "The Garden"」をZINEとして発表している。

だそうです。

さて、下は東京駅のKITTEにあるお店。
中に入る時間がなくて、外から眺めた。

170212_1828~01

『3月のライオン』がこんなことになるとは思わなかった。
ひっそりと、好きな人たちとこそこそ共有して楽しんでいたものが
広く展開してグッズやら、こういうコミックの中に登場する食べ物の
店が出ると嬉しいような寂しいような。

グッズのコーナーに、明らかに一人ものすごくハイテンションになっているが
それを押し殺している大柄な女の子がいた。
声を出しているわけでもなく
ぴょんぴょん飛び上がっているわけでもないのに
きゃあきゃあ叫んで飛び跳ねている波動がひたひたと
そこら一帯に熱を帯びていてこわいくらいだった。

なぜわかるんだろうなあ。
微妙な手足の動き、眼球の動きとか呼吸とかかなあ。
「ザ・熱狂」という感じだった。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム