もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

えほんやるすばんばんするかいしゃ

この店の名前の正確な発音を知らない。
いつも「えほんやるすばんばん」ぐらいで
相手が「ばんばん?」という顔で見るので怯む。
怯むことはないんだけど。

なので省略して「るすばん」と言うと
「もとしたさんが留守番しに行ったの?」
と驚く人がいるので、困るのだ。

最近「ばん」が2回、ということに気づいた、という人もいた。

いっそ「絵本や留守、ばんばんする会社」と言いたい。
小さい頃、立って股を開いて前屈する姿勢を
「ばんばんする」と言っていた。

つまりトイレのあと、お尻がちゃんと拭けたか
親に確認してもらい、仕上げをしてもらるときに
「はい、ばんばんして!」
と・・・よそのうちではどうかわからないけど
「ばんばんする」って言ってたなあ。

それはいいんだけど、この間の出口かずみさんの個展に行った。
クリスマス編には行けなかったので、
お正月編には是非と思っていたが終わってしまった
と思っていたら、会期が延長されて、やった~~~とばかりに
こちらの展示をちょっと早く出て、滑り込んだ。
(営業時間が同じで定休日も同じだったのだ)

面白かったー!

170120_1111~01

見たら買わずにはいられないかるた。アルファベットの!!

170120_1109~02

これができるまでの経緯を店主から聞いたら、買わずにいられない絵本。
今までの私なら「へえ、面白いですねー」と聞いていたと思うが
日々、在廊するギャラリーでの説明に正直飽きていたところだったので
恐らく日に何度も繰り返している解説や、自分の思いを伝える熱意に感動した。
演劇の役者が1回1回の舞台で新鮮に演じる、というより
それはやはり来場するお客へのサービス精神から生まれるものなんだろうなあ。

170120_1109~01

170120_1108~01

お正月らしくおみくじをひいたら
凶!!!

展示が終わったあとの、なんだかしみじみした気分が
この店主の文章によく表れている。

ギャラリーって経営するのは至難の業だし
いろいろ大変なことだけど、
ちょっとお祭りみたいで、人がたくさん(あるいは少し)集まって、
終わると、なんか楽しかったような気もしてくる。
(特に私たちは中学の同級生2人とだったので
「面白かったねー。終わっちゃってなんか寂しいね」
とノーテンキなことを言ったけど、本格オープンしたら
こんなしみじみしている暇はないんだろうな)

るすばんサンは面白い! と誰もが注目する評判のギャラリー
(2階は絵本の古書店)なので、ばんばん、ばんばんやっていってほしいです。


【 2017/01/27 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する