おススメのダンス公演

ソングリーディング、と聞いて
何かを朗読するのかと思っていたら
どうやらダンスのサークルらしい。

二女が大学でエイサーを踊っているので
同じダンス部ってことで、同じイベントに出て
「見に来ればよかったのに、すごかったよ」
と言っていたが、今年もまた世界大会で1位だったそうだ。

1月15日(日)にアメリカ・フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで行われた世界大会World University Cheerleading Cup Championship2017において、Team Cheer Open部門1位、Nations Cup(総合)1位を獲得することができました。

と書いてあった。
チアといえばアメリカな印象だけど
そこで日本人が1位の常連ってどういうんだろう?

娘は大学で「芸術文化」の「演劇」なんだけど、
演劇は2年からダンスと演劇に分かれるそうで
1年のうちはダンスの授業も多い。
舞踊家の木佐貫邦子先生の授業が面白いと言っていたので
1~4年が出演し木佐貫先生が振付・演出するダンス公演を
娘と観に行った。まあ、言ってみれば発表会みたいなものだけど
これが素晴らしく良かった!

歌舞伎役者の若いやつらだけで始めた
新春浅草歌舞伎の最初の公演を思い出した。

若い人たちの力を惜しみなく使う爆発力というか
技術は粗削りながら生きの良さが抜群というか
一瞬たりとも飽きさせないし、解りやすい。
コンテンポラリーの敷居の高さがないので
コンテを観たことがない人に観てもらいたいなあ。

娘は、同学年の出演者、スタッフはクラスの友達だし、
普段授業で使っているホールだし、振りつけも
ああ、こういう感じね、みたいだったけど
私は隣でひそかにものすごく感動していた。

横浜線の淵野辺駅前。
日曜日までやっているようです。
当日券もあるんじゃないかなあ。
娘は無料だが、一般でも千円。安い!
とにかくおススメ!
詳しくはこちら → 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム