大阪 紀伊國屋梅田本店

DSCF8140_convert_20121107201208.jpg

ひかりのくにの書籍編集部の担当さんから
紀伊國屋梅田本店に新刊『おっとどっこいしゃもじろう』がある!
という情報をもらい、さっそく大阪まで行ってきた。
(だから、ではないんだが)

おー、サンプルを除いてビニ本か。
おっとどっこい しゃもじろうおっとどっこい しゃもじろう
(2012/10/01)
もとした いづみ・作
市居みか・絵

商品詳細を見る


それから、ひかりのくにの雑誌編集部の方に
アセンス別館「アーダ」へ行くつもりだと言うと、
「この間、アーダの2階で本を見ていたら
穂村弘さんの短歌の本が並んでいて
ぱらぱらと見ると、もとしたさんの短歌が!」
と言うので、夜こっそり2階に行ってみた。

そこは本がよく入れ替わるようで
もう穂村弘コーナーが見当たらず
ほっとしたような物足りないような気持ちで
ほしいものだらけの書棚やグッズコーナーを見て
1階に降りて、絵本を見ていたら
ふってきました (講談社の創作絵本)ふってきました (講談社の創作絵本)
(2007/02/01)
もとした いづみ・作
石井聖岳・絵

商品詳細を見る

が1冊、目に入った。
買物を済ませてから
「あの、この近くに『あかいとり』というお店があるようなんですが
どの辺でしょうか?」と聞いてみた。

ネットで調べてすごく丁寧に教えてくれた。
「えーと、その道の右側?」
と聞いたとき、ふたりのお嬢さんが
くるっと背中を見せて
「えーとえーと、あ、左側です」
と振り返りながら教えてくれた。
この方たちも方向音痴だなあと思いつつ
ありがたい。

が、たどり着くと、もう遅くてお店は閉まっていた。
あー、そして今、その店の看板の写真を載せようと思っていたのに
なんと消していた!

K社のKさんに送ろうと思っていたのになあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム