柿と夕焼け

161214_0919~01

富山の友人から贈ってもらった干柿だが
富山の特産なのかと驚くとともに
この干し柿感ゼロの箱がなかなかに笑えた。

で、これを歌舞伎の観劇のお供に持って行った。
お弁当と干し柿。
すると、一緒に行った友人は
観劇のお供に、柿の種を持って来た。

なんというチームプレイ。
161220_1714~01

ベランダから、日が沈む直前の空を撮影した。

KC4hhhwided09.jpg

KC4Ddgih12b3312.jpg

KC4Ddhw13e0fhs13.jpg
ダイヤモンド富士の範囲に入るのだろうか。
右端はもう富士山の向こうに日が沈んだところ。
ガラケーなので、どこに露出が合うかわからない。
暗かったり明るかったりは時間の経過ではない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム