新聞と朗読


第35回とっとり読書絵てがみ・感想文コンクール
というのがあるそうだ。
「とっとり」と開いてあると「とっとと」とか「うっかり」とか「しりとり」とかの
仲間みたいだけど、「鳥取」だ。

350_Ehon_102915[1]

この本が課題図書になった。
で、本の作者にインタビューする記事が
12月17日の「日本海新聞」に載った。
日本海新聞・・・世の中にはいろんな新聞があって
そうなると、太平洋新聞なんてのもあるんだろうか。

とにかくこの新聞の取材は、
先日の読売新聞の取材と違って
原稿を事前にチェックさせてくれた。

12月17日といえば、
ブログやツイッターでも「来てねー!」
と呼びかけた望年発表会があった。
私は朗読をひとつ。

踊ったり演じたりする人々を見ると
私も次回は冒険をしたいなあと思うのだが
(さすがに落語は無理だ)
毎回、準備に時間がなくて・・・。

来てくださった方々、どうもありがとうございました。
誘っておいて、会場に知り合いが入って来るたび
「ぎゃあ」と驚く私なのでした。
(朝ドラの下手なナレーション「そう思う、すみれなのでした」風に)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム