キューピーサブレ


161019_1814~01

ツイッターでも書いたが、このキューピーサブレ!

何が入ってるんだろう? と箱を開けて
この子たちがびっしり入っているのを想像してほしい。
うひゃあ。
下田市「さかいや菓子店」の
キューピーサブレだそうだ。
2枚一組、背中合わせで入っている。

素朴な味で軽いサブレで割れやすいから
送ることを渋ったお店のおじいさんに
頼み込んで送ってくださった竹下さん、
ありがとうございます。

でも1枚も割れていなかった!

娘が学校に持って行ったら
取り出したときには
もう首からふたつに割れていたそうで
すごく悲しかったというので
なるほど、キューピーの頭が取れていたら
そりゃショックかもなあ。
「さかいや菓子店」で半世紀も
キューピーサブレを焼いていたおじいさんが
それを危惧するのがわかった。

161019_1813~02

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム