人気絵本作家なのか


「ダ・ヴィンチニュース」に出ている

人気絵本作家が「本のなかのおやつ」について綴ったエッセイ
『レモンパイはメレンゲの彼方へ』発売!刊行記念イベント開催決定


という記事が恥ずかしい。
でもまあ、売り物でもあるわけで
関係者がいる限り
売れなくてはいかんのだ
と言い聞かせながら
頑張っておる次第だ。

おやつも食べている。
先日東横線に乗ったので
久々に学芸大の、あのおいしい焼き菓子の店と
タルトがおいしい店と、古くからあるバウムクーヘンの「マッターホーン」に
寄って行こうと思ったが
最初の2軒に関しては、場所がおぼろげすぎて思い出せなかった。
名前もわからないので聞きようもない。
こんな感じの場所という手がかりともいえないようなものを元に
夜、よりによって秋祭りの真っ最中にうろうろしたが
わからなかった。
そろそろスマホが必要かなと思いつつ
でもマッターホーンだけはあった。
思ってもみない場所に突如として現れた。
移転したのか。
いや、どうやら昔から変わっていない様子。

160917_1726~01

バタークリームがおいしいこの店の名物「ダミエ」。

160917_1733~01

オレンジティー。

町全体がうきうきしている。
ケーキを食べていても、みんなそわそわしていて
御神輿開始の時間ちょっと前に客がほぼ全員出て行った。
すごい。

お祭りがあって、御神輿が出れば
商店街では要所要所にお酒や食べ物が
どーんと用意されていて、
あれはいいものっす。
到着前なので(というか、御神輿は
約十メートル先で止まっていて
そこで飲食中だ)
ラップがかかっていたが
わざわざ傍に寄って行ってちらっと見た。
本当なら、ラップをはずして
全部点検したいくらいだ。

さて、その後、渋谷の神社のお祭りに行く予定だったが
娘のエイサーの道じゅね開始が9時近くというので
そんな時間に渋谷にいたくない私はパスした。

あとで聞けば、
見物の外国人が大喜びで盛り上がっていたそうだ。
去年の町田のエイサー祭りの動画でも
アフリカ人らしき女性が、もうたまらん! という感じで乱入し
演舞している大太鼓の男子からバチを取り上げ
太鼓を叩いていたし、手踊りのおばあが突然入って来たりと
やはり太鼓と激しい踊りってのは、人間の血が騒ぐ何かが
あるんだろうなあ。

というわけで私は用意されたご飯に血が騒いだだけで
帰宅したわけです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム