もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

重版出来

今まで、書面を見て、ああ重版か、と思っていたが
ドラマの影響で「重版出来」という言葉が
ちょっとだけ流行り、「じゅうはんしゅったい」なんて
言う場面、ないよなあ、などと話したりして
意識するようになった。

再重版のお知らせ

とある。
だよなあ。営業部で使う用語かしら。重版出来。
あるいは取次?

さて、ちょっと意外な本の重版でした。

350_ehon6443[1]

6刷りだけど、久しぶりな印象。
一時期、絶版だと思っていたので
(そうじゃなかったっけ?)
地道に頑張っていたか! ご苦労さん
という感じだ。

よく自分の作品を、「我が子のよう」とか言う人がいるが
あんまりそんな意識はないなあ。
旧友かなあ?
お、久しぶりじゃん。元気だった?
ぐらいな。
責任感が希薄なんでしょうか。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

検索フォーム