お知らせその2



「おやこで楽しむ落語会」




○8月20日(土)9時半開場、10時開演、11:15終演予定

○会場:大田区民プラザ 小ホール (多摩川線 下丸子駅前)

○席料:おやこで1000円(3歳未満無料、大人こども共一名追加500円)

            (チケットレスです。当日受付でお支払ください)


○170席限定(子ども用桟敷席あり)

○予約・お問い合わせ shibamiki522@gmail.com 携帯:08034265247 アリ三貴子(柴原三貴子)まで

http://oyakobunkasaiflammarion.jimdo.com/おやこで楽しむ落語会/


ママカフェ久が原のアリ三貴子さんのご長男が落語絵本にはまり、
読み聞かせているうちに、生の落語を聴かせてあげたいなーと思いはじめ…
近くの公民館に呼んで、お友達集めて聴けたら楽しいだろうなーと、
「久が原落語友の会さん」 http://kugaraku.jimdo.com/ 
に噺家さんを呼ぶ方法を相談したそうです。

公民館の一室のはずが、思いのほか大きな会場が
取れてしまい…
元々営利目的ではないので赤字にならなければいいのですが、
大きな会場にガラガラでは噺家さんに申し訳ない。
では、宣伝して出来るだけ大勢に入っていただき、
入場料から経費を差し引いた分を寄付しよう!
というわけで、
東邦大学病院の「ひだまりの会」という
長期療養児とその家族をサポートしている団体に寄付する運びとなり
そんな経緯で、落語会主催に初挑戦するそうです。

「今後もこれをきっかけに
おやこで楽しめるイベント、子育てが楽しくなる会を
開催して行きたいと考えております。
春風亭昇也さんは笑点の新司会者となった、
春風亭昇太さんのお弟子さんです。
学校寄席の経験も豊富で、子どもを引き寄せるのが
とても上手な二つ目の噺家さん。太鼓や所作の体験を挟んで
子どもたちが飽きないように、楽しい落語会にしてくださること
間違いなしです。」とのこと。

もともとはカメラマンの彼女、こんな著書もあります。

510CSGJ19ZL^_SX339_BO1,204,203,200_[1]

子育てしながら、精力的にいろんなことをやっています。
でもいつも肩の力がいい感じに抜けているのがいいなと思ってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム