生きている

121001_0202~020001
トートツだけど、この間の台風が去った夜。

昨日は渋谷に、合唱団の演奏会へ。
大学時代の先輩がたくさんいて、
ふとあの頃のキャラが自分の中で自然とよみがえる。
そうか、そんな奴だったのか、と自分で呆れる。
思ったことをズバズバ言うので、怖がっていた先輩がいたけど
いや、そうだろうなあと思った。
同じ環境に置かれると当時の自分になるのは
同窓会でも同じだが、面白いものだな。

今日は恵比寿に、テアトルエコーの芝居へ。
「エコーって誰がいるんだっけ?」
「あれだ、えーと、熊倉一雄!」
「そうだそうだ、死んじゃったんだよね」
「ああ、そうだっけ」
と話していたら、いた。熊倉一雄。
「ねえ、もしかしたら・・・そこ!」
「生きてた」
「誰だっけ? 死んだの」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム