四万六千日


四万六千日、お暑いさかりでございます。

落語「船徳」だ。
今日は浅草寺がにぎわっていることだろう。
その帰りにフルーツパーラーゴトーで
マンゴーのパフェ、いや、すいかか?
プラムもおいしいだろうなあ・・・。

いやいや、船徳でした。

350_Ehon_23544[1]

この本で「船徳」を書いたとき、
青山友美さんの絵が素晴らしくて
船徳というと、一瞬のうちに
私の頭の中にはありありと
彼女の絵が浮かぶのだ。

この本に書いた「桃太郎」が今、
三省堂の教科書(中学1年)
「現代の国語1」に出ていて
目次のそのページには、
古事記など作者名がないものもあるので
作者名が出ているのは、私と宮澤賢治だけで
開くたびに「ひ~~~」と閉じてしまう。

だってオリジナルじゃないのに、落語なのに、
私の名前が・・・それも宮澤くんと一緒に!

今日は四万六千日。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム