もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

挨拶


すれ違う人が、何故だか、はっとしたように頭を下げる
という日がたまにある。
え、知り合い? じゃないよねえ・・・と思っていると
また、深々と頭を下げる人・・・はじかれたように頭を下げる人・・・。
どした? どした?
神か? 私は神なのか? それとも仏か?

今日は男の人というかおじさんが、険しい目つきで挨拶する
という日だったようだ。
エレベーターに乗ってくるおじさんが
一度頭を下げて、きっと睨んでから「おはようございます」
と言ったので、始終刺されるのか? と背後に注意した。
降りたとき、掃除のおじさんが「おはようございます」
と言ってから、顔を覗き込むようにぎろっと見た。
だ、誰? 

いつも穏やかな眼差しのパン屋のおじさんが
焼く前のパンにトッピングしながら、ふと顔を上げ、
初めて見る睨み付けるような目つきで
「ありがとうございましたっ」と言った。
・・・なんで?

工事現場の見張り(交通整理?)のおじさんが
急に振り返って
「ごっ! したー」と言った。

ご~したー
とは何なのだ?
ご苦労様でしたー、なのか?
歩行者に? 何故に?
あ、ご迷惑をおかけしました、か?
いや、もっと短かったぞ。

ご飯をいただきましたー。
誤解を解きましたー。
ごろ寝しておりましたー。
ゴンザレスでしたー。
ゴータマシッタールタ? ってなんだっけ?
五輪はダメでしたー。舛添か?
ゴリラに似ていましたー。失礼か!
なんだったんだろう?

160602_1648~01
【 2016/06/16 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する