タイル

ブログなんてどうせ誰も見てないと思っていたら
今日、パーティーで会った人から
最近更新されていないがどうした? と聞かれ
あらやだ、読んでる人いるんだ、と思って
まずは台湾から買って帰った饅頭屋の
なんだかわからない胡麻やクコの実などが入った饅頭。

160523_1102~01
これを食べて出かけ、帰りにウレシカに寄った。
昭和タイルの展示。
もうタイルといえば宝物だ。
今も路地など歩いていて、地面に埋まったタイルの欠片のようなものが
ちらっと覗いていると、すぐにしゃがんで掘り出したくなる。
段ボール箱に入ったタイルの潮干狩りができる。
小さな紙コップに詰め放題。
詰めが甘いと言われたが、本当ならお気に入りをひとつ見つけたら
掌にぎゅっと握っていたいくらいだ。
大人の女がみんな無心でガラガラとあさる姿は笑える。
潮干狩りとはよく命名したものだ。
同じタイルを使った作品なのに、作家それぞれで面白い。
タイル屋さんの見本もみとれてしまう。
160523_1505~01 160523_1506~01 160523_1506~02
ウレシカで30日まで



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム