もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

重版出来!


じゅうはんしゅったい、と読むとは!

だいたい、「重版出来」なんて口には出さない言葉だし。
心の中で「じゅうはんでき」と読んでいたよ。

おばけのバケロン おばけとともだちになりたい!おばけのバケロン おばけとともだちになりたい!
作:もとした いづみ / 絵:つじむらあゆこ出版社:ポプラ社絵本ナビ

ポプラ社から葉書が届き、見てみると
発行日とISBNコード、そして書名と本体価格、版数と発行部数、累計発行部数が書いてあり
重版されたってことかと知るわけで
「重版出来です!」と叫んで「おめでとうございます!」と拍手するシーンは
見たことがない。

あ、それで一昨日このハガキが届きました。
バケロンシリーズ。
バケロンとたまちゃん、頑張ってくれてうれしい。
ありがとうございます!!

関係ないけど黒木華という女優は、
『重版出来!』のようなこういうコミカルで大袈裟な動きのドラマには
似あわない気がするなあ。
すごく無理してる感じが痛々しい。

朝ドラの大地真央も「時代劇の演劇か!」と思う。
江戸弁ってああんな感じじゃないと思うなあ。

「民王」スペシャルで一瞬出た愛人の台詞も
(どんだけドラマ見てるんだ)
江戸言葉にしたんだろうけど板についてなくて
任侠映画を真似してる子どもの声だった。

大地真央は声を張るときの発声がどうしても宝塚で
動きも舞台用だから雑に見える。
白髪はいいけど顔を老けさせるのは拒否なんだろうか・・・。
肌が日頃の頑張りで若々しくつやつやしていて
娘役の木村多江の顔の方が老けちゃっているよね。
でも木村は映像向きのしぐさで安心できる。
以前、ネイルが同じところだったけど
会ったことはない。

来週から坂口健太郎が登場なのかな。
『重版出来!』でも陰の薄い営業マンをやっているし
最近本当によく見る俳優になっている。
モデルでもあるけど。

うちの近所で、みんなふつーに見かけていて
近所の本屋やうちの前のサンマルクカフェや、
私が通っているティップネスでもしょっちゅう見るという話だけど
見たことがない。たぶん。
この辺で生まれ育った子だからこの辺をうろついていて
当然といえば当然なんだけど、なんか、悔しい。
パトロールが甘いのだろうか。

でも見たからといって、どうするんだ・・・?

ここで自慢げに報告するだけだ。
【 2016/04/23 】 未分類 | TB(-) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2016/04/24 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する