危険地帯

危険地帯で買った富山の昆布パン。
160406_1141~01
「危険地帯」というのは、浅草の「まるごとにっぽん」や
有楽町の交通会館のように、全国のうまいものが
たくさん売っている場所は、私にとって危険地帯なので
「入るな! 危険」と警告してくれた、でも
きっと喜ぶでしょうと連れて行ってもくれた
画家の樋上公実子さんによるお言葉。

気づくと手がちぎれるくらい買っている。
ふと我に返るまで、その重さに気づかないのだよね。

そういえば若い頃は、ⅮⅭブランドの店のバーゲンが
「危険地帯」だった。
これから行く、というときの顔。
昨日買いました、というときの顔が違うと言われた。

危険地帯は変わる。

160407_1330~01
これは危険地帯ではなく、京都で買ったのだが
危険地帯にも売ってるよね。

地方の市場やデパ地下なども危険地帯なのだけど
デパ地下はみるみる東京化しているので
危険地帯感が薄れている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム