猫とワタシ

もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

この記事のみを表示する本籍

未分類

戸籍謄本を取りに、西荻窪の区役所出張所に行った。
エレベーターを降りたとき、あ、印鑑っているんだっけ?
と慌てる。
書類を見ると、なくてもよさそうだ。
ほっとして、さて、記入しようと思ったが
最初の欄の、本籍の住所が出て来ない。
そういえば、何も考えずにここまで来てしまった。

本籍は実家の住所と数字の並びが似ているので混乱するのだ。
えーと、えーと、3丁目の・・・なんだっけ?
実家は3-37-1だけど。
えーとえーと・・・と考え夫に「本籍、松庵3丁目のなんだっけ?」
するとしばらく経って来た答えがこうだ。

「本籍、移した」

え~~~~~~~~~~~!
1年ほど前から、不便だから移すと言っていたが
(私は、必要ないと主張)
何故、昨日移した!?
しかも1週間ほどかかるという。
仕方がないので、気持ちを落ち着けるため
イトチで紅茶とジャムサンドケーキを食べる。
160312_1553~01
帰り際に
「ケーキがすっごくおいしかったです!」
と言うと
「あの、こういう言い方は、あれですけど
このケーキは年配のお客さんに
好評なんです。若い人にはウケないかも」
私の胸には同時に
「どうせ年配客だよ!」
「謙遜の表現が正直でかわいいな」
「面白い人だな」
が、湧きあがって
「懐かしい味ですもんね」
と、年配客らしく穏やかに言っておいた。

そして年配なのに、若ぶって
ウレシカに顔を出すのも気がひけると思い
帰ってきた。というのは嘘だけど
あちこち寄ったら荷物が増えて
まあ、今度にしようと思ったのだった。

だけど本当に素朴でおいしいケーキだった。
幼い頃、母が焼いてくれたケーキのような味。
固めのスポンジとジャムが郷愁を誘う。

その後、この間、火事になったあたりへ現場検証に行くと
(いや、たまたまポチコロベーグルに向かう途中
通ったのだけど)
マスク越しに焚火の臭いがして
まだ木材の燃える臭いが残っているのか!
と驚いた。
火事の勢いがわかる現場付近には
「わあ、火事か」と見上げる通行人が多く、
献花があった。
しかし混みあった住宅街とはいえ、バス通りだよ、ここ。
もっと危ない地帯もあるよねえ?
松庵3丁目の、りげんどうあたりの路地は
道も二人がすれ違えるくらいで、くねくねしているし
消防も入れず危険だよなあと思う。

 

コメントの投稿

secret