猫とワタシ

もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

この記事のみを表示するポムポムプリン

未分類

160309_1922~01

え~~、なんであたしがこんなのに行かなきゃなんないのよ
と、誘われるたびぼやいていた
ポムポムプリン関連イベントだったが
しかし今回は、
樋上公実子さんやたんじあきこさんが出展
というので初日、行ってまいりました!

雨の銀座。
まずは浅草からなかなか来ない二女と待ち合わせ。
その後、出張先の埼玉から意外と早く到着した長女と待ち合わせをして
松屋に向かいました。
閉店間際。
ちびっこはまだ春休みじゃないだろうよと思っていたが
娘たちぐらいの女子がわんさかと集まっていて
息せききって走り込む女性の姿も。

そうか、ポムポムプリンは20周年だから
こういうファン層になるのか・・・。

しかし高校を卒業したばかりの二女も、
そして社会人の長女も、友達を誘うのは憚れるらしくて
カフェができたときもふたりで行っていたし
今回も友達には何故か極秘で。

かわいいかわいいとご機嫌なふたりを見る間もなく
私は走るように作家コーナーへ。

160309_1919~02
160309_1919~03
160309_1919~04
160309_1919~01

みなさんさすがだ。
ポムポムプリンなど知らなかったとは思えない
樋上さんの作品を、娘たちは心配していたが
すごい! と感動していた。
樋上さんの作品とたんじさんの作品は
なにもこんなに撮らなくても、というほど
ふたりともスマホにバシバシとおさめていた。

私はグッズのレジに並ぶ大行列を一瞥し、
即座に会場外へ・・・
行こうとすると、ふと目に入った
紺のダブルのブレザーに金ボタン。
このおっさんはもしやサンリオ社員? と見ると
名札ホルダーにサンリオと書いてある。
むむう。私が辞めたのは30数年前だが
彼らはその頃からずっとこのスタイルを保っているのか!
知ってる人? と顔を見たが見覚えなし。

あんなに並んでまで、まんまとグッズを買いまくっている姉妹。
しかし、我が身を振り返れば、同じ年頃、
親に呆れられながらも、キャラクターが好きで
社員になっても(社員割引で)グッズを買っていたのだから
何も言えない。が、結構言ったか。

それにしても「サンリオのキャラ」
というだけで素直に見ることができない。
そんな元社員がどのくらいいるんだろう?
少なくとも絵本業界で会った元社員仲間は
ほぼ全員がなにかしらのわだかまりを持っているように思う。
でもまあ、会社というものはそういうものか。

ポムポムプリンだいすき展は
MATSUYA GINZA で14日まで。
短いのでお早めに!

コメントの投稿

secret